• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のところでは、1年間という単位で考えると、数種類のピアノのコンクールに生徒さんが出場している。
それでもそれほど多いわけでもなく、多い年で4種類くらいで、少ない年では2種類で、1種類のみという年もあった。
もちろん、出場したいという意欲がある生徒さんが出場するのが基本で、ほとんど全員参加するとか、絶対に賞をとるぞ!というようなものでもなく、質の良い演奏にがんばって仕上げて、それで結果が良ければ尚良いということにしているので、コンクール前に補習をたくさんやるようなことは(一部の例外の生徒さんを除いて)基本的にはやっていない。
だから、取りあえずは参加が目標の第一という生徒さんもいれば、それなりに結果がついてくる生徒さんもいてそれぞれ。

さて、コンクールも、弾く曲の設定が異なり、課題曲を2曲選択方式、課題曲と自由曲方式などいろいろ。
課題曲もどちらかというと昔ながらの定番の曲で固められている場合もあるし、新しい曲を積極的に採用しているコンクールなど、傾向も結構異なる。
また、審査員の数や、審査の基準というか傾向などもそれぞれ多少は違いがあるので、同じような演奏をしても評価が高かったり低かったり、または割れていたりもする。

最近思うことは、これだけ年中のようにいろいろなコンクールが開催されていて、それぞれ開催の趣旨、意義はあるのだろうが、自分としては、生徒さんのためになるようなコンクールに出場を絞ろうと思っていて、それを昨年あたりから実施している。

例えば、数年前に、自分としてはあまり関心が無いコンクールだったが、生徒さん側から出場してみたいと言われたので、出場させてみたコンクールがあった(仮にAコンクールとする)。
このAコンクールは、似たような他のコンクールと比べると、課題曲の難易度はかなり簡単で、しかも選択肢はとても狭いので、当日は同じ曲を弾く人がたくさん。

当然ながら、皆がだいたい上手で、明確な違いはあまり無い・・・いや、こうした課題曲の演奏でも、違いはあるし、上手い人、惜しい人、そうでも無い人、下手な人という感じで、優劣をつけることはできる。
できるが、半分以上の上手い出演者は、もう些細な違いであり、この中から、さらに微細な違いで良い演奏の人を選んで次のラウンドへ進めさせるのは・・・なんだかちょっと無理があるように思える。

さらに、審査員の数が少ない(と思う)し、ある課題曲の注意書きに、「ペダルは使用しないこと」と書かれているのに、当日はペダルを使用する出場者もいる。
ところが、ペダルを使っていても普通に上位入賞しているようで・・・では、ペダルのある無しは、審査には影響無いということだろうか?・・・それなら、なぜ要項に記載するのか、全く理解不能・・・。

しかも、出場する生徒さんや指導者としても、曲が簡単なのでモチベーションがどうにも続きにくいのが実情。
どんなに簡単な曲でも、コンクールで弾くのだからじっくり付き合って奥深く勉強した方が良いという考え方は正論であり、全くそのとおりなのだが、教本などの進行で実力をつけていくことと、このコンクールのためにかける準備時間などの時間配分など考えた場合に、自分としては出場する意義が薄いように思えた。

なので、それ以降はこのAコンクールには、生徒さん側から、どうしても出たいと言われない限りは、特におすすめはしないことにしているので、ここ最近は誰も出場していないし、会場へ聴きにも行っていないが・・・もしかしたら、数年前とは少しはいろいろと変わっているかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

コンクールで弾けるような密度の高い演奏に仕上げることが生徒さんにとってとても勉強になるので、いい機会ですよね。
どのコンクールに出るのかで意識もずいぶん変わってきそうですし、年がたつにつれてコンクールの質が上がってくることもありそうですね。
2012/07/26(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

このコンクールの趣旨自体はとても良いと思いますが、どのような生徒さんが出るといいのかなど、活用の仕方を考える必要はありそうです。
実は、歴史は結構長いコンクールですから、それなりに質は高いと思いますが、課題曲の設定にここ数年大きな変化は無いようです。
2012/07/28(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。