• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノのコンクールは、課題曲や級や部門分けなどに違いがあるが、新しいコンクールでは、審査基準や開催意義などに独自性を掲げながらも、既存のコンクールの要項とだいたい似たようなものということもある・・・。

今回は、そうした新しいコンクールについてではなく、結構古くからある伝統色の強い(?)Bコンクールについて。

Bコンクールは、部門の分け方などには特に特色も無く、課題曲はグループ1(バロック)から1曲を選択、グループ2から1曲を選択の計2曲。
課題曲グループ1はバロックなので、必ずバロックは弾くということで、しかも選べると言ってもほとんどがバッハなので、特にバッハは普段から欠かさずに弾いていることが要求される。

課題曲グループ2は、バロック以外の曲が5~8曲ほど用意されていて、その中から選択できるのだが、これらの曲が良く言えばどの曲もピアノをしっかり学んできた人のための曲が多く、例えばある年の小学生高学年の部では、モーツァルトのソナタ(どの作曲家も、その中から1曲が指定されているが作品番号は省略、以下同じ)、ベートーヴェンのバガテル、ブルクミュラー18練習曲より、ショパンのマズルカ、メンデルスゾーンの無言歌集より、プロコフィエフこどものための音楽より、となっている。

これらの曲は、どれもレッスンでもよく使われるし、それよりさらに上のレヴェルの曲を弾こうと思う人にとって不可欠な曲ばかりなので、特に指導者にとってはやりやすい。

だが、少し意地悪な言い方をすると、古典から比較的初期のロマン派の曲がほとんどで、近現代曲は1曲のみで新鮮さは無い。
そして、唯一の近現代曲であるプロコフィエフだが、これもレッスンでも昔からよく使われている曲集であって、素敵な曲も入っているが新鮮味はやや薄く、現代のピアノ教育の現場ということを考えると、特にコンクールの出場する側のニーズと少し合っていないようにも感じる。

しかし、逆に、こうした課題曲なので、バッハや古典を普段からある程度しっかりやっている人なら、普段の練習していることの延長上で出場しやすく、自分のところの生徒さんでも、毎年このBコンクールのみに出るという方もいる。
また、審査もどちらかというと辛め(?)なので、会場で毎年聴いていても、ようするに、“弾けていない人”というのは、出てこないように思う。

ただ、このBコンクールも、最近は、他のコンクールの影響を受けたのかどうかはわからないが、課題曲グループ2の曲の傾向が、少しだが変わってきたように思う。
古典や初期ロマンが多いのは基本的には変わっていないが、ここ数年で、ミニョーネ、ポンセ、宍戸睦郎、三善晃、といった作曲家の曲が入っているようになってきて、印象としては、あのコンクールの課題曲から影響を受けているのでは?と思ってしまうが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。