• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、大人の生徒さんとの会話で、
「先生は、他で習っていて移籍(?)してきた生徒さんを、上達させるのがうまいですよね。
あの生徒さんは、確か当時は移籍してきて1年目だったので、その翌年の発表会がいい演奏していて、1年とちょっとでここまで違うなんて、と思いました」
と言われた。

自分としては、ゼロからの生徒さんも、移籍組(?)生徒さんも、基本的にはそれほどかわらない。
確かにゼロから教えるほうがやりやすい面もあるが、他のところで習っていて諸事情で自分のところへ来た生徒さんを上達させるのも好きではある。

移籍してきた生徒さんの場合には、その実力に応じて、レッスンの内容で考えることはたくさんあるが、数週間かけて以下の点をチェックして改善していく。

1つは、演奏力・・・テクニック、表現力、ペダルなど総合して全て含めてのことだが、特にテクニック的にちょっと変なクセをつけられていたり、あまり良くない弾き方をうえつけられたりしてると、これはなおしていきたい。
また、「全てメゾフォルテ弾き」の人が結構多いので、それも少しずつ改善。
当然だが、音楽を感じて、弾いて表現するということを、少しずつでもやっていく。

2つ目は、譜読み。
移籍してくるということは、既にピアノを何年かやっているので、楽譜が読めない移籍組はいないが、ほとんどの場合、音は読めていても、譜読みにはなっていないことが多い。
また、初級の場合だと、音読み自体がかなり遅くて不正確な場合もあるので、これも改善する。

3つ目は、持ち曲と練習のペース。
前の教室では、持ち曲は2曲で、しかもそのうち1冊はテクニック系の本のように初見で弾けるものだったりすると、実質持ち曲は1曲ということは、実は結構あり、これが本当に困る。
こうしたケースは、ほぼ100%譜読みが極端に遅く、さらに練習の時間も極端に短いので、生活のリズムのピアノの練習が入っていないことも。

これは、自分のところは来る時点で、最初に言うことにしている。
つまり、
「毎日、弾く時間を上手につくって練習すること。
週に1日や場合よっては2日くらい弾かない日があってもいいが、やる時はしっかりやろう。
持ち曲は最低でも3曲で、できれば4曲(またはそれ以上で)。
2曲では、より多くの種類の曲を弾くことができないので、基本も備わりにくいし、応用力もつかないので、いつまでたっても初級であることが多いし、発表会で、ソロと連弾をいうようにやる場合に、対応できない。
だから、2曲に慣れてしまっていても、一応は3曲にしてしまう。
持ち曲3曲に慣れるまでは、3曲目はとても簡単な曲でもいい」

これは、やってみるとわかるが、長年持ち曲2曲でやっていても、ちゃんと3曲、4曲を増やしていけるし、大変にならないように、重点的にやってくる曲と、サラッとだけやればいい曲などのメリハリをつければ、ほとんどの生徒さんが4曲持ち曲に慣れる。

そして、これも大事なことだが、持ち曲数を単に増やすだけではなく、前の教室では絶対にレッスンでは使わなかっただろうと思われるような、素敵なピアノ曲をレッスンに入れるのがモリス流(?)。
それは、特に上手な生徒さんばかりではなく、初中級くらいの生徒さんの場合でも、とっておきのバロック小品とか、フランス近代のおしゃれな小品、最近は誰も弾かないしコンクールなどでも課題曲にもならないけれど魅力的な邦人作品など。

冒頭の大人の生徒さんも、
「私も、先生のところへ来る前は、(今弾いている)こんな曲があって、しかも私くらいの実力で弾けるなんて想像もしていなかったのですから、曲の幅の広さは子どもの移籍組の生徒さんの感じているますよね、きっと」
と言ってくれたので、自分としては大変うれしいことだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。