• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会のどれくらい前に、本番を想定した通しの演奏ができていると良いものなのかと、いつも思ってしまう。

もちろん、初級と中級では曲の規模も全然違うので比較できないし、上級に近い曲を弾く生徒さんは少し長い期間をかけて仕上げていくものでもある。

例えば、小学校高学年のココさんのように、コツコツとやっていくタイプの生徒さんの場合には、期間が長くても短めでもそれなりの仕上がりになるのだが、そうした生徒さんばかりではないので、今回はいつもギリギリの仕上がりになる生徒さんの何人かを、少し早めに曲決定をして準備してきた。
中級程度の曲を弾く生徒さんは、少なくても3週前くらいには、一応の演奏の形になっていて欲しいと思う。

・・・はずなのだが、現実はそうはいかない・・。
それでも、3週前と言ったら、危うい箇所があったり、改善するべき点が多いとしても、だいたい仕上がりテンポの近いテンポで一応は通せるくらいになっていないと、時間はどんどん無くなってくる。

さて、出場生徒さんは・・・
いつも思うのだが、今回は、今回ばかりは、もう全然仕上がらないだろう・・。
まるで初見のような演奏で、現時点では通すことはできても数十回も弾き直しをしているので、とても通しでいるとはいえない状況。

これが、本番の1週前には一応弾けていて、さらに本番は出場生徒さんん得意の(?)集中力を発揮したとしても、「演奏」ということには、ならないように思う。
だからと言って、他に弾ける曲もないし、仮にあったとしても、出場生徒さんもお父さんも、レッスンで以前に弾いた曲か、夏のコンクール曲をそのまま持ってくることには、納得しないだろう。

今回ばかりは、少し早めに迎えに来て聴いているお父さんも、さすがにまずい状態だと思っている様子が、顔の表情からもわかる。
だが、そう思うのであれば、家での練習習慣をしっかりと。
さらに、出場生徒さん側から(お父さんでもいいのだが)、通常のレッスンの日以外に、
「補習を」と言い出さない限り、モリスからは言わないことにしている。

それは、出場生徒さんにもお父さんにも、もう少し人前で弾くための仕上げの意識を持ってもらいたいし、まずい状況と感じているのあれば、生徒さん側から行動をして欲しいとも思うから。
(「補習を希望の方は~」という説明の紙は、既に全生徒さんに配布済みなので、数人は既に補習に来ている)

さて、補習も無しにこのまま時間は過ぎていくのか、それとも補習希望を言ってくるのか、または補習無しでも本番前に劇的な仕上がりをするのか・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。