• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局かなり空いてしまったが、年内に発表会のことを・・・


自分の一つの目標みたいなものが、ソナタや変奏曲といった形式の曲を、発表会でしっかりと弾ける生徒さんが数人いてくれたら・・というのが、今回はあった。
できれば、小学生の高学年だけではなく、低学年にも。

低学年だと、ソナタ形式の曲といっても、実質は古典ソナチネということになるが、そのレヴェルに達している生徒さんのいるのだが、発表会で演奏効果の高い曲、または生徒さんの好みの傾向の曲ということで選曲していくと、結局は低学年で変奏曲はいたのだが、ソナチネはいなくなってしまったのが、今回は少し残念。
これには、ソナチネはソナチネアルバム普段から弾いているということ、さらにコンクール等でソナチネを選択することも多いので、発表会では違う曲を・・・という考えも、生徒さん達にはあったのだろう。

さて、そのソナチネではなく、変奏曲を弾いた低学年の生徒さん(バリエーションなので、バリさんとする)は、かなりいい仕上がりになったと思う。
バリさんは、ピアノ歴は2年ほどの小学生低学年。
基本的な手のフォームや、指の動きには、まだまだ不安定さがあるのだが、体が少ししっかりしているせいもあり、音は出やすくて、リズム感も良いタイプだろう。

今回は、指の動きを高めるためにも、変奏曲のように、次第に細かい音符になっていく曲がいいと思い、いくつかの変奏曲の中から、古典の初級変奏曲を選んでみた。
この曲は譜読みとしてはかなり楽だが、実際に弾いてみると、やはり第1変奏からかなり苦戦気味で、当初はこれが演奏になるのかと思ったりもしたが・・・
数週弾いているうちに、なにか、ピタリっとはまるものがあり、弾けるようになってきた。

できない箇所を、少し集中的にやるようなレッスン内容にしてみて、これを家でもかなりやってきてくれたので、それが少しずつ実を結んだのだろう。
さらに、どうしても課題として残ってしまいそうなところは、譜読みから数週の時に、指使いを変更してみたが、これも結局変更してから上手く弾けるようになってきたので、正解だったようで、バリさんの対応力の高さ、そして練習の成果だろう。

本番も始まる前は緊張気味に見えたが、演奏がはじまるとよく集中して堂々とした演奏だった。
バリさん本人は、「1箇所間違ったところが残念」のように言っていたが、全体として良かったので、それくらいのミスは今回は許容範囲だろう。

この感じなら・・・来年はどれかのコンクールにでも、誘ってみようか・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。