• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノの限ったことではないと思うが、同じようにやっていても、何となく上達していける人と、そうではない人がいるのは、事実だと思う。

だから、指導側としても、個々の生徒さんの現状を常に把握しながら、きめ細かくやっているつもりでも、気がついてみると、ある生徒さんだけあまり上達していない・・・ということは、残念ながらあること。

そうした場合には、この生徒さんは、何がわかっていて、何がわかっていないのか、どこまでの段階はできるのか、といったことを見極める。
そして、簡単な曲や課題を積み重ねて、少しずつでも実力をつけてもらう。
それが、少し遠回りのようだが、結局は近道であり、それを着実にやっている初級~初中級の生徒さんの中には、発表会の終わってからの今までの期間で、かなり成長した人もいる。

その成長のいい曲線にのっている現段階では、まだまだその曲線を右肩上がりで伸ばして行ける時期であるし、そうさせてあげたい。
ただし、この季節になってくると、各種のコンクールの課題曲や要項などが、少しずつ発表されてくる時期でもあり、そうした場合に、現段階では、今のペースでそのままやるのか、コンクールの課題曲を練習していくのか、判断が難しい場合もでてくる。

ある程度の実力備わっているなら、コンクールはいいと思う。
ステージのあがり、人前で弾くという実戦の場を目指すということは、一番の刺激になるし、がんばることの1つの目標であるから、結果はどうであったとしても、実力はつくだろう。

しかし、コンクール曲を、4週、5週と練習しても、譜読みするだけで精一杯でというのであれば、今やっている簡単な曲をどんどん量を弾いて実力をつけるペースを、あえて崩してまでコンクール曲をやる必要性が薄い。


というのは、指導側の考えであることは、もちろん承知。
現実には、コンクールレヴェルにほど遠いが、それでも、
「今とても実力が上がっている時期だから、コンクールも~」
と思う、生徒さんや保護者さんがいても不思議ではないし、これまで何度も登場した出場生徒さんのように、コンクール曲レヴェルにはほど遠い実力でも、出場したいと言ってくる生徒さん(というよりは、保護者さん)はいるだろう。

使い方によっては、とても実力が伸びるコンクール。
だが、誰でも即出場できるというものでもないし、出場するということはしっかりとした練習は必要であり、さらに結果は結果として受け止めることも大事・・・。
今年は・・・まあ、おそらく、ここ2年のようなことは無いだろうと・・・そう思ってはいるが・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。