• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「へぇ~これくらいの曲だったら、1周間でだいたい譜読みしてこれるように、なったんだ・・・」
とか、
「小さな音のコントロール上手になったなぁ~」
など、
生徒さんの上達を明確に感じられるようになった時というのは、本当にうれしいもの。

だけど、自分がそう感じている時でも、意外と生徒さん自身はあまり上達を感じていないこともあったり・・・それがまたピアノの面白さでもあるかもしれない。

例えば、もっと表現つけて欲しいと思い、楽譜に細かくクレッシェンドとディミヌエンドを書き入れて、実演もまじえて、
「ここは、こういう感じになると、それらしい演奏に聴こえると思うよ」
とやってみても、初中級くらいの実力の生徒さんの場合、真似してやろうとはしているが、ほとんどできないの現状。

それを今すぐできないから、家での練習で出来るように何度も試しながらやってみて、来週までにできるようにやってくるのがレッスンを活かしているということにもなるが、これが、そう簡単にはいかない。

次の週も、あまり変わっていないので、
「その箇所、<>というように、つけてやってみるってことだったはずでは?」
と言ってみると、
「ああ・・・そうだった」
なんて返事がかえってくることも・・・

これは、生徒さん自身の中で、
「ここをこういうようにやろう~」
という意識がとても薄いままだったということだろうが、その意識をしっかりと持たせるということも、指導上では大変でもあり、重要でもある。

そして、中には気がつけば、そういう意識も芽生えてきて、指導を活かして練習してくるように、少しずつなってくる。

それを、先週、生徒さんのひとりで、
「ああ~できるようになったんだ・・」
と、とても感じることがあった。
そうなってくると、内容濃い曲でも挑戦させてあげられるかな・・なんて、いろいろ考えが広がっていく。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。