• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じくらいの実力で、教本も同じくらいの箇所をやっている・・・と思っていた生徒さん2人が、気がつけば、半年で2倍以上の進行の差となっていることは、ピアノでは珍しくもない。

2倍どころか、10倍、20倍以上の違いになるのは、ピアノならではなのかもしれないが、他人との差や違いなどはあまり気にしないタイプだと思っていた生徒さんでも、小学校の3年、4年くらいになってくると、そういうことに、敏感にもなってくるもで、コンクールや発表会など、人前での演奏で、実力差を感じて、気にするのかもしれないし、レッスンでも時々そういう言動が生徒さんにも見られると、指導者である自分は、その気持ちを、うまく上達へと導きたいが・・・

2倍以上のペースの差というのは、日頃の練習でも、2倍以上の練習の差であるのだから、その現実を改善しないと、追いつくどころか、差は広がる一方だろう。

毎日の練習が、2倍の差・・・これは、単に練習時間の差ではなく、同じ1時間の練習でも、譜読み、理解、弾く、改善といったピアノを弾く脳と動作のサイクルの速さが、2倍の差があるということだろう。
だから、同じ時間練習しても、短時間で出来る人と、時間のかかる人がいるわけだが・・・

きっと、この初級の段階で、練習の効率を良くして、なんとか短時間の練習でもいいペースで進むように・・・というのは、難しいのだろう。
と思っていたところに、ピアノとは全然無関係の分野の人と話をする機会があって、その人は、日々の仕事に関して、
「やはり、同じ時間内で出来ない人は、能力に差がある、能力が無いからできないとあきらめる前に、他人の2倍の時間をかけてやってみる。
それを続けてもできないのであれば、きっとできないことなのだろうが、それをやらないで、言い訳をしている場合ではない」
のような話があり・・・本当にそうだと思った。

ピアノでも、初級~中級の生徒さんで、進行が遅い人は、やはり量をやってみることが必要。
量を弾けば譜読みも早くなり、テクニックも向上して、演奏力もついてくる。
そしてさらに上達すると、同じ1時間でも、できる量が増えるので、曲数も持っても大丈夫になるし、できないのであれば、もう少し時間をかけて弾こうという意識もできて、つまりは好循環をつくれる。

効率のいい練習というのは、その後の話であって、できないのであれば、練習の量、回数、これはある程度は必要。
ここを今年は少し重視して、新しい年のスタートとしたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。