• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザウターをご存知の方は、最近では以前よりは多いだろうか。

ドイツのメーカーというと、スタインウェイやベヒシュタインなどがすぐに思い浮かぶと思うが、ザウターは歴史的にはそれらのメーカーにも全く引けをとらない老舗。
しかも、ピアノの個性という意味では、ザウターはかなりの個性派ピアノではないだろうか。

と、その前に、例えば、こんな記述を見かけることがある・・・
「ヨーロッパのピアノは、それぞれのブランドの個性があり・・・」
というようなもので、よく輸入ピアノを専門、または輸入ピアノを主力商品として扱っているピアノ店のサイトやパンフレット、チラシ等でよく見かける表現であり、つまりは、ヨーロッパピアノの方が、日本ピアノよりも優れていて、なおかつ個性もあると言いたいのだろう。

売り手の論理というか、宣伝文句としてはいいと思うし、一瞬誰でも納得してしまいそうな表現だが、これは全面的に納得というわけにもいかない。
ヨーローッパピアノと一口で言っても、グランドピアノだって中級機種以下は、だいたいがアジアで製造していて、ほとんど同じ製品が、ブランド名だけが違うなんてことも、今では珍しく無くなってしまった。

そこまではいかなくても、半分以上をアジア製造で、あとはヨーロッパに運んで残りを組み立てて完成なんてのも、当然となった現代では、ドイツ製、チェコ製なんて言われても、実体はよくわからない・・・
さらには、ハンマーや弦なども、似たような部品を使っていたりして、タッチ感も音も、弾いてみると、実は個性と呼ぶにはほど遠かったりもする・・・

それでも、ピアノづくりの思想、設計、最終的な調整まで、そのピアノメーカーの意志がしっかりあるのであれば、アジアでつくっていても良い物は良いだろうし、問題ないとは思うが、このあたりは買う側はよく調べる必要がある・・・

さて、ザウターだが、グランドピアノは新品もショールームで何度か、そしてある程度年代の経ったものもミニホールで弾いたことがある。
新品のザウターだが、まず何と言っても独特のタッチ感が印象的。
これは、必ずしも弾きやすいとか、コントロールしやすいとかいうタイプのタッチ感ではなく、初めて弾く人なら、少しとまどうようなタッチ感。
この独特のタッチ感は、少し弾いていると癖になるというか、好きになる人と、そうでない人に分かれそうだ。
音は、分離感がよくて一本筋の通っている感じで、明るめではあるがキンキンとした派手さはないので、聴きやすい。

年代を経たザウターは、さすがにかなり落ち着いた音色ではあるが、枯れているというような音ではなく好印象。
数十年使い込んでも、このような状態であるのであれば、これはいいかもしれない。

ちなみに、ザウターはアップライトピアノのラインナップも充実していて、こちらも「カクン」というような、タッチ感が面白いのだが、好みは分かれそう。
音は、背がそれほど高くないアップライトでも、薄っぺらいようなペンペンとした音になるようなことはないので、ある程度予算はあるが、アップライトピアノを置きたいという人には、有力な選択肢だと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。