• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新品か中古か」・・・自分だけではなく、生徒さんがピアノを購入しようとする時でも、必ず話題になるのが、これだろう。

現在は、いろいろな情報が反乱しているので、何がどうなのか、きっと買う側も混乱してしまいそうになる。
当然だが、新品を多く扱うメーカーや直営店のサイトや店員は、それは新品がいいと言うに決まっているし、中古を多く扱ショップや中古修理販売の店は、中古は現在の新品よりもいいと言う・・・。

どちらも正しいような気もするし、どちらもちょっと違うようにも思う。
それは、これはピアノ全体として、一概に言えるようなことではないからだ。

ピアノメーカーが、新品を推すのは、当然だろう。
メーカーとしては、ピアノを常に新しく作っているのだから、それが売れないことには商売にならない。
だから、新品の良さをアピールするし、モデルチェンジの場合も、ここがさらに良くなったということを、大きく強調する・・・が実際には、旧モデルと微細な違いであって、音もタッチもほぼ変わらないなんてこともあるだろう。

これを、中古修理・販売業者などは、「ピアノ構造は100年前と変わってないから、現在の新品よりも、数十年前のピアノの方が良い材料を使っていたから、品物は良い」という文句をよく使う・・・。

ピアノという楽器は、昔と全然変わっていないのだろうか・・・
いや、そんなことはない。
ここ数十年という単位で見ても、ピアノ作りは少しずつではあるが、変化していると思う。
それは「いかに良い音とタッチのピアノを作り出せるか」という方向性でも進化しているだろうし、
現実問題として、「いかにコストを抑えて、それなりのピアノをつくれるのか」という方向性も進化しているだろう。

だから、どのメーカーも、グランドピアノでもいくつかのブランドの商品を展開しているが、最もグレードの高いシリーズの場合は、そこは手間も惜しまずに、人件費も時間もかけて、じっくりと良い物をつくっているのではないだろうか。
そういったグレードの新品のグランドピアノは値段も高いが、おそらくどのメーカーのピアノを選ぶとしても、それは好みの差であり、問題は少ないだろう。

おそらく、一般的に、新品か中古か・・・という問題は、そういったグレードの高いピアノよりも、一般家庭向けのアップライトピアノの場合に、迷うのかもしれない。
なにしろ、今は新品アップライトピアノでも、40万円前後の品が登場しているので、これだと良品の中古とほぼ変わらない値段にまでなっている。

こうした価格の新品アップライトピアノの多くは、インドネシア製 または 中国製 ということになるが・・・(つづく)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。