• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生徒さんが(保護者さんが)、アップライトピアノを買う時に、新品か中古か・・・という選択肢があると思うが、中古を選択肢に入れる方の最大の理由は、当然ながら「安さ」だろう。

一般的に、同品質帯のピアノであれば、中古のほうが新品よりも安いのは当たり前。
アップライトピアノの低価格帯の新品は安いと言っても、やはり40万前後(インドネシア製または中国製ではあるが)~となるので、パソコンやテレビなどの電化製品などと比べても、少々高いように思えてしまうのだろうか。

そこで中古ピアノという選択肢も入ってくる。
中古のアップライトピアノなら、20万前後くらいからあるので、この価格差は結構大きい。
しかも、中古で30万前後出せば、それほど古くないアップライトピアノの国産の中級機種も購入できる場合もあり、選択肢は結構増える。

なので、ここで生徒さんの多くが迷うことになるだろう。
新品の利点が、新しいこと以外に、あまり見つからないように思えてくるからだ。

中古には、新品よりも安いという利点がまずある。
それに、在庫の豊富な店なら、選ぶメーカーや機種もかなり多くて、選択肢広い。
さらには、中古だから以前に誰かが使用していたのだが、しっかりと磨きもかけて、一応のメンテナンスもしている販売店から買う場合には、それほど古臭さを感じない。

このように、実は家電製品やパソコンなどとは違い、生徒さんが普段練習するアップライトピアノであれば、「新しい」ということの利点は、実は少ないように思えてしまうので、第一の選択肢が中古ということも、納得できないわけではないので、自分も生徒さんが中古を選択肢に入れている場合には、
「しっかりとメンテナンスをしている販売店からの購入であれば、中古でもいいですよ」
と言うことにしている・・・

・・・が、ここが、まあ少し問題があるところ・・・・つづく

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。