• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の新年の弾き始めは、某集まりでの2曲の演奏ということになった。
1曲は以前にも書いたように、ラヴェル「ボロディン風に」に決めていたので、まずこれを。そして、もう1曲は決めたようで迷ってもいたが、音楽好きならピアノを弾かない人たちでも知っているか、または興味を持っていただけるかと思い、ドビュッシーの2つのアラベスクの2番にしてみた。

どちらも既に数え切れない回数弾いている曲でもあり、自分では得意レパートリーにしている(つもり)なので忘れるようなことはないが、少人数の集まりで聴き手が近くにいるという状況は、ちょっと弾くだけといっても、やはり緊張感はある。しかも、事前にもっと確認練習をしておくはずだったが、諸事情によりほとんど弾く時間をとれなかった。

それでも弾き始めると、「聴かれている」という空間状況というのは、演奏にも良い影響がある場合もあり、自分が想像していたバランスの和音とは微妙に異なった音響でピアノが鳴ったとしても、それに応じて演奏をしていくような楽しみも味わうことは出来たので、まずまずといった感じだった。

2007年がはじまったが、今年最初には何を弾きましたか?ピアノを楽しく弾いて、良い年にしていきましょう。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

今年もよろしくお願いいたします♪
音響に臨機応変に対応できるようになったらいいんですけどね~。
一度、響かないホールで弾いた時(その時はエレクトーンのステージもあって、音響版が上がっていたんです)「なんでこんなに響かないの??」と思った瞬間、パニックになって響かそうとやっきになって弾いていた覚えがあります。
対応できなかったんですね・・☆

やっぱり「音とバランスをよく聴く」ということでしょうか。

今年も充実した一年になりますように・・♪

2007/01/03(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、今年もよろしくお願いします。

慣れていない場所での音の響きに、とまどいを感じることはありますよね。そういった状況にも即対応できる能力が、ピアノを弾く人間は、他の楽器よりもさらに必要ではあると思います。
また、聴けて対応できる場合と、どうしても最後まで違和感が残る場合もあるので、ある種の割り切りのようなものも、必要なのかもしれませんが。

今年もよい年にしていきたいですね。
2007/01/03(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
今年もよろしくお願いします。

今年もよろしくと電子ピアノにしゃべりかけました・・。
さすがに年初めがハノンは嫌だったので子犬のワルツを弾きました。早く6日のレッスンで初グランドピアノしたいです、、

あと、発表会のときの月の光をアップできたので 勇気を出して貼ってみます。
すごいミスやそれ以前のこともありますが、覚悟があれば聴いて下さい(-_-)。
最後まで聴かなくてもいーです (マテ
http://floraltime.com/piano-space/db-clair_de_lune.mp3
2007/01/04(Thu) URL  | Andante #-[ 編集]
Andanteさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。

子犬のワルツで、新年をはじめられたようで、軽快な年になりそうですね。

「月の光」は、もちろん最後まで聴かせていただきましたよ。ちょっとした感想などは、このコメント欄に書いてもよろしいですか?

ラヴェルの曲が、「夏の暑い時に涼む」というのも、聴くには結構そんな感じかもしれませんね。弾くとまた印象が変化するでしょうか。

2007/01/04(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
聴いてくださってどうもです。
聴いてほしいから貼ったんですけど(^_^;)
何かあれば是非お願いします。
2007/01/05(Fri) URL  | Andante #-[ 編集]
Andanteさん、こんにちは。
では、「月の光」を聴かせていただいた感想を少し書いておきます。

全体的にテンポルバートの自在な感じの演奏で、これは好みもあると思いますが、自分はこの曲を単独で弾くなら、結構良いと思います。組曲4曲を通して弾くなら、もう少し安定したテンポが聴きやすいかもしれません。
あきらかなミスタッチが時々あるのは確かに惜しいですが、発表会というステージ上の生演奏を考えると許容範囲で、それほど大きなミスではないです。

和音のバランスがところどころ乱れますが、場面が変わるとまた良くなるようなので、問題ない感じです。
盛り上がりではよく流れにのっている感じで、曲想を表現できているようです。逆にピアノ2個や3個になる箇所では、もう少し横の流れが意識できると、さらによくなりそうです。
66小節目には「終わりへ向かって消えるように」と書いてあるので、7小節かけて少し遅くなりながら静かになっていけると、演奏後の余韻がさらに深まるように思います。

と、こんなところがだいたい感じた点です。録音なので、Andanteさんご自身の印象とは多少異なるかもしれませんね。
2007/01/06(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
わわわ、レッスン並ですね!
感想というよりも具体的なアドヴァイス、本当にありがとうございます!
今でも弾き続けているので意識してみます。

ミスタッチは一番心残りなのですが・・いつも弾けていたところばかりなので。
止まることはなかったので自分でも勝手に許容範囲にしちゃってます。

テンポルバートは意図した部分もありますが 緊張というかはしゃいで(?)走ってしまった部分もあります。
中間部も本番速く弾きたくなってしまいました。
Tempo rubatoのところと、転調するEn animantのところがどんどん速くなるのはイメージ通りなつもりです。
和音のバランスはやっぱり集中力がないんでしょうかねぇ(ーー;)
一応 最低 曲のトップを意識しようと思っていたので伝わってうれしいです!

> ピアノ2個や3個になる箇所では横の流れ
これレッスンでもいわれてました。がっくり。
本番で失敗というより、普段の練習が足りていなかった気がします。
終わりもいつも言われていたのに・・。

それから、今更ですが記事に関係のないコメントすみません。
2007/01/07(Sun) URL  | Andante #-[ 編集]
Andanteさんへ。
「月の光」は今でも弾いているそうですが、もう少し意識するだけで格段に良くなると思いますので、ぜひ自信のあるレパートリーに。友達などの前でも余裕で披露できるとかっこいいと思います。

>それから、今更ですが記事に関係のないコメントすみません。
いえいえ、ピアノ関係ですから気軽にどうぞ。


2007/01/07(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。