• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学生でも適正や希望に応じてソルフェージュをレッスンに取り入れている。
といっても、低学年でそれほどピアノ歴も長くない生徒さんなら、簡単な音あてクイズのようなものや、旋律聴音をやる程度で、あとはそれを声に出したりリズム聴音を加えるくらいだ。

だが、今週のレッスンで生徒さんが、
「音を一度に2個や3個でもいいよ。お父さんと聴く練習したから」と言ってきた。
この生徒さんの親はそれほど熱心な方だとは思っていなかったので少し意外だったが、試しに基本的な和音の聴き取りをやってみると、お父さんと練習してきたせいか、結構聴けていて驚いてしまった。

この生徒さんは半年前には音程はわかるが、無調旋律や和音聴音ではあまり聴き取れないことが多かったから、やはりこれくらいの年代だと、感覚的な成長が著しいので、少しの手助けだけでも大きな伸びがあるのだろう。
そして、お父さんは会社から帰ってくるのはいつもは深夜に近いとのことで、週に1回くらい一緒に聴き取りの練習や、ピアノを弾くのを聴いてもらったりしているらしい。
お父さんも急がしい中で、できる範囲のことをやっているのだろうが、親が子供の習い事への関心度といったことでは、だいたいちょうど良い感じなのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。