• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんの曲を弾くようになると、好きな作曲家や得意な作曲家などが2、3人出来てきて、ある時期それら数人の作曲家の曲を集中して取り組む方も多いだろう。

特に統計をとったわけでもないが、女性ではショパンとドビュッシーという組み合わせで練習しているという方が、昔から多いように感じていた。
ショパンとドビュッシーの音楽につながりが濃いわけではないかもしれないが、どちらの作曲家も美しい音楽であり、ピアノ曲のレヴェルも中級くらいから難易度の高いものまでいろいろあり、組み合わせて練習するやりやすさのようなものはあるだろうか。

男性だと、ショパンも弾くが、一緒に練習するのはベートーベンという人も多いようにも思う。自分の生徒さんにも一時期、ショパンとベートーベンのセットがの人が多いことがあったが、大人の女性にこのパターンは多くない印象。

バッハ弾きというと、プロでは男性ピアニストという印象があるが、一般に趣味で弾く生徒さんの場合は、女性に人気の作曲家かもしれない。
シューマン好きは女性に少し多いだろうか。自分が知っている熱狂的なシューマン好きは全員女性だ。

もちろん性別だけでなく年齢によっても好みは異なるだろうし、個人によって大きく違いはあるだろうから、本当は傾向などないのかもしれないが。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

私もショパン大好きです!
そして、中学の頃、やはり、ドビュッシーの音楽を聴いて「なんてきれいなんだろう」ってすごく感動しました。
友達が弾いてくれた「月の光」とか「アラベスク」でした。
その子も女の子でした。

女性がきれいな洋服に興味があるように、男性はカメラとか、機械に興味があったり・・(とってもおおざっぱな意見で絶対とは言い切れませんが☆)やっぱり好みがあるんでしょうね。
数年前の私なら「年齢や性別で差なんてないよ!」とか言いそうですが、最近はその差がそれぞれの個性につなかってるんだなあ~と思います。
私もできるだけ色んな作品を弾きたい・・と思いつつ、ついつい好きなタイプのものを選んでしまいます。
2007/01/26(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん、こんな時間ですがこんばんは(笑)

自分はまだまだ色んな作曲家の曲を弾いた事が無いので好き嫌いはまだ無いのですが・・・
やっぱり続けて行く内に好みが出てくるんでしょうね。

自分がどんな好みになって行くのか少し楽しみですが・・・
今のところは選り好みはしない方向で進んで行こう!!と
考えてます。
「結局どっち?」という突っ込みはご勘弁を(笑)

2007/01/27(Sat) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。
自分も曲への好みというのは、元からの性別や年齢の差というものでもなく、これまでの人生やいろいろなものからの影響など、総合的に作られていくようにも思います。大きな意味での好みは、男女で少し違いはありそうですが。

ドビュッシーもおすすめですよ。ショパン好きはドビュッシー好きが多いのは、傾向としてはあるような気がするので、きっとまりはんさんも弾いてみると気に入ると思います。


とらいあんぐるさん、こんばんは。
本当ですね、こんな時間にコメントいただけるとは。早起きでしょうか、夜更かしでしょうか?

そうですね、とらいあんぐるさんは、良いと感じる曲をどんどん弾いていくのはいいと思いますよ。
きらびやかで華麗な感じが、今は好きなのでは?ショパンのワルツ14番を弾けるようでしたら、次はベートーベンなどもいいかもしれませんね。
2007/01/27(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。