• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女がピアノを弾いているの姿は何度も見たが、、どんな曲を弾いてもそれほど意外性のあるような指使いをしている様子は無かったと思う。
これについて彼女は、
「私は使用楽譜に書かれている指番号を、結構そのまま使うことが多いかも。馴染みにくいと感じたら、他の楽譜を参考にすることもあるけど」
と言っていた。

だが、フレーズや弱音との指の関連について
「特定の箇所によっては、この指使い意外はありえないと思うこともあって、はっきり言うと、この指使い意外で弾いている人は『ちょっとね』と思うこともある。
でも、指使いならモリス君の方が研究好きなんじゃない?」
とも言っていた。
確かに、自分は困難な箇所をより弾きやすくしたり、音との関連性がより深いような指使いを工夫するのが当時から好きではあった。楽譜も何種類も比較するのも好きで、それにかなりの時間を費やすことも。
だが、彼女は指使いを工夫するというよりも、曲を弾いて時に「既に決まっているようなもの」だったのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。