• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は久しぶりに2台のピアノで弾く曲を、生徒さんと演奏しながらのレッスン。

と言っても、2台のピアノのための本格的な曲ではなく、ポップス系の編曲物。
それでも呼吸のタイミングで合わせることなど、普段の独奏とは違った楽しみが味わえるし、勉強にもなるだろう。

特に「2人で合わせよう」という意識が、かえってテンポ感が乱れたりと、合わなくなるのが面白い。事前に曲のポイントになる箇所については話し合いをしていても、レッスン1回目ではまだまだ「2台ピアノの四手の演奏」という域にはほど遠い感じだった。

生徒さんの方が最後まで譜読みもしていないから、曲の仕上がりは来月になりそうな感じだが、自分もしっかり練習しておかないといけないから、ある種の緊張感もある。
ひとりで弾いて余裕の状態の演奏でないと、やはり2台ピアノは簡単ではないと、最近また実感している。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは!

うらやましいです、2台ピアノ!
連弾してる人も楽しそうでいいなあと思います。

下の白髪教授さんの記事も読ませていただきました。
やっぱり・・面白いです、お二人のやりとり(笑)

春休みといえば、もうすぐ私の生徒さんも小学校が春休みに入りますが、休みだから練習に時間がとれるのか、休み気分で練習をしなくなってしまうのか、ちょっと不安です☆
2007/03/18(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

2台ピアノは普段慣れていないとかなり難しいのですが、迫力も緊張感もあり、楽しいですよね。

白髪爺さんのやりとりは、面白くないのですよ。よく耐えたという感じでしょうか?

春休みはどうなのでしょうね。やはり休みは休みになる生徒さんの方が、子供さんには多いでしょうか。
2007/03/19(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。