• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分は現代の人間としてはおそらく、体重は少なく、体は大きくない方(小さいです、おそらく)に入るだろう。
最近では中学生でも自分よりも体格が良い生徒さんのほうが多いし、手も大きい。

だが、体が大きくしっかりとしていて、手も楽に10度以上届く人が、ピアノをしっかりと鳴らせるという単純な話にはならない。広くもないピアノ部屋の隅々まで音を響かすことができない生徒さんも、残念ながら少しはいる。

電子ピアノが普及してきて、普段の練習は電子ピアノが多い、またはほとんど電子ピアノしか弾いたことが無いという人もいるから、そういったことも少し関係しているだろうか。
特に大人で電子ピアノでの独学期間が長い人にそういう傾向があることは何度か述べてきたが、手も大きいのにもったいないな、と思ってしまう。

そんな時、自分は革命とか喜びの島などの華やかなところを適当に弾いて、「こんな感じで、まず鳴らしてみてください」と言ってみると、大人の方、特に男性は驚くようだ。
それは、「この指導者、こんな小さくて体重が50キロくらいなのに、パワフルな音だな」ということだろうか。
ピアノを知っている人が聴けば、自分の演奏は音量だけで言うと標準的な感じで、それほどパワフルでもないのだが。
コメント
この記事へのコメント
僕も電子ピアノで、グランドピアノとは音量から差を感じます。
#なるべく音量は大きくするようにしてますが、大きくするとうるさいと言われるので・・

それから遅れましたが、
公立高校は昨日が発表で、なんとか合格しました。(^O^)
普通科ですが、進学は音大も考えています…。
先生にも伝えてみました。
その場合 まず問題なのが電子ピアノ、、
2007/03/25(Sun) URL  | Andante #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは。

私は背丈はそれなりですが、体の線は細いです。
自分がちゃんとピアノを鳴らせてるのだろうか??とはよく考えます!
「この人、細いけどパワフルだな」と言われてみたいですよ。

そういえば「ベルガマスク組曲」のプレリュード、少しだけ弾いてみました!!・・・がちょっと私には「背伸び」し過ぎなのでは?という感想です。

やはり少しづつ取り組んで行けば手が、体か慣れてくるのでしょうか??
モリスさんの所での報告ですみません。
2007/03/25(Sun) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
Andanteさん、こんばんは。

受験だとは聞いていましたが、合格されたのですね。
おめでとうございます。

そうですか、音大への進学を視野に入れているのですか。
普段の練習でたくさんグランドピアノを弾ける環境が欲しくなるものでしょう。

中古でも質の良いグランドが手に入ればいいですよね。
2007/03/25(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

細身でもパワフルな演奏はできるので、大丈夫ですよ。

ベルガマスクのプレリュード、難しそうですか?
そうでもないと思うのですが、もしかしたら、とらいあんぐるさんがこれまでに弾いてきた曲達と、技術の傾向が異なるのかもしれませんが。

指使いなどに気をつけてじっくりと練習していけば、大丈夫だと思いますよ。
2007/03/25(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、おはようございます。

私も昔、先生が「こんな感じ」といって少し弾いてくださる時に、「ピアノってこんなに大きな音が出るんだ」と、音の大きさにびっくりした覚えがあります。

電子ピアノはどうしてもピアノとは思えません。
一度、友達の結婚式でピアノを弾いてくれといわれて行ったら電子ピアノで、タッチがきちんとつたわらないことと音の乏しさに愕然としました。
今から思えばポップスなどの気楽な曲を選べばよかったのかもしれませんね☆
2007/03/26(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうですよね、子供の頃に先生が弾いてくれたピアノの音というのは、衝撃的に感じるものかもしれません。

電子ピアノが普及しているのは理解できるのですが、弾く側が「違い」を認識することは重要でしょうね。

ただ将来はどうなのでしょう。本物のピアノに限界まで近づくような電子ピアノが登場する可能性も、あるのかもしれません。
2007/03/26(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。