• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツェルニーのように譜読みは楽でも、表示テンポで弾くには相当弾く必要がある練習曲は、そこまで十分に弾けことができずに進んでいってしまう人も多いかもしれない。

自分のレッスンでは、ツェルニーのようなものをやるという生徒さんには、ある程度は徹底が必要だと伝える。表示テンポくらいで弾けることは前提でのレッスンなので、それに到達することがかなり難しい生徒さんには、もう少し前の準備が必要であり、練習曲を望まない生徒さんには取り入れていない。

そういうとツェルニーをやることは少し高いハードルのように感じるかもしれないが、そうでもない。練習曲というのはそういうものという認識が指導側にも生徒さんにも必要だろうとおもうし、レッスンでペースにのれるのかということでもある。

表示のテンポでどんどん弾いていけるペースが生徒さんにできると、練習曲は毎週2曲で1曲は譜読み段階で1曲は仕上げというペースが、きちんとできあがってくる。
もちろん練習曲の難易度が高くなると、そのようなペースは維持するのが難しい。それでもそういった練習の習慣が一度できた生徒さんは、実力をかなり蓄えているので、難易度が上がってもペースダウンはそれほどしない印象だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。