• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノの上達ためには、練習曲よりも「曲を弾いて上達を目指し、指の独立性や筋力をつけるメニューを少々取り入れる」という方法を提案してきた。自分の生徒さんにも、そういった方針を説明して理解を得ているつもりであるが(いや、本当は納得してもらっていない生徒さんもいるかもしれないが)、この方法で少々足りない部分として、左手の強化があげられると思う。

世の中は、やはり右利きの人が圧倒的に多く、ピアノの鍵盤も右にいくほど高音域になっているので、必然的にメロディーやきらめくようなパッセージは右手が担当することが多い。ということは、曲を中心とした練習方法では、右手が多く働くことになり、どうしても伴奏系が多い左手は、動く数が少ないので、右手ほどは鍛えられない。
これが積み重なっていくと、利き手の右手はどんどん動くようになるのにたいし、もともと動きが鈍い左手は、ますます右手に差をつけられてしまう。

そういうことにならないように、クラシックピアノの人たちは、「左手も右手を同様に鍛えられるべき」という考えのもと、たくさんの練習曲をこなすことになる。左手を多く動かす練習曲などが登場して、左手にとって難解な動きが待っているわけであるが…こういったものは、やはり必要不可欠なものなのだろうか?次回また考えてみよう。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。