• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年度末から年度はじめのこの季節は、新しい生徒さんも少し増えてくる。個人のピアノ教室というのは、入会の時期を特に定めていないところが多いだろうが、やはりこの4月や5月に新しく習い始める人は多い傾向にあるだろう。

今回は新しい生徒さんと初めて対面する時の、自分のやり方を少し紹介してみようと思う。

事前の連絡などのやり取りで日程を決めて来ていただく。
初対面なので自分は名刺を渡す。生徒さんと親御さんの2人で来たら、当然一人に1枚ずつ渡す。
どんな曲を弾いてきたのか聞いてみて、それを弾いていただく。軽く感想を言ってみたり、少し体験レッスンをする。
レッスンに対する要望なども聞きながら、ある程度の方向性などを話し合う。
ここでレッスンをするという合意ができれば、書面に必要事項を記入していただく。
レッスンの金額やその他の説明をする。

といった感じで「では、次回からよろしくお願いします」となる。
書面に記入していただく事項は、自分は最小限で良いと思っているので、必須事項の名前と住所と電話以外は、「差し支えなければ、簡単に」と言って書いていただく。
職業の欄もあるが、書かなくてもいいし、簡単に「公務員」でも「会社員」でもいい。
もちろん、血液型のような個人情報は、ピアノとは全く関係が無く必要ないので書く欄は無い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。