• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「レッスン中もついている必要はありますか?」
などと、ピアノを習うのは初めての子供のお母さんから質問されることもある。
もちろんそんな必要な無いので、
「ほとんどの子は一人で大丈夫ですよ」
と答えている。

だが、生徒さんの年齢がいくつになっても、レッスン中もずっと見学するお母さんはいる。
子供がきちんとレッスンを受けているか見守っているのか、それとも自分がしっかりレッスンしているかを監視しているのか・・・

それほど意味もなく、ただなんとなく見学していくという人もいるし、メモを書いている人もいる。
自分は生徒さんの母親がいても気にならない。いてもいなくてもレッスンの内容は変わらないからだ。
友人の指導者は「どうしても監視されている気分」だと言っていたが。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

私が小学生の頃、エレクトーンを習っていた時は1度たりとも「親が見学」なんて無かったように思います(笑)
見学するというのは・・・熱心、関心がある、と言う事だと素直に思っていいのでは?と私は思うんですけど。
指導者側ももちろん色々な方がいて、そうは行かない時もあるようですね。

えっと、私もピアノの上には何ものせない派?です!
スマートな感じがするので(笑)
2007/04/09(Mon) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。


そうですね、見学される方は、熱心だと自分も思います。
エレクトーン時代に親の見学は無かったのですか。

何ものせない派?ですか。スマートな感じと言われれば、確かにそうですね。
2007/04/09(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。