• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は出版されている楽譜をコピーするのは良くない。
生徒さんは1曲しか弾かないのに、数十曲入っている数千円もする曲集を買っていただくのはムダでなく、後から他の曲も弾く可能性もあるし、楽譜集として持っているほうが、無くなってしまうこともないだろう。

だが、必ず買っていただくというわけにもいかない。特に子供が複数の習い事をしていて、教材費などの出費に敏感なご家庭などは、楽譜集を渡して、
「次回来るときまでに、コピーしてください」
ということになる。

ところが、これが毎回うまくいくとも限らない。ある生徒さんにその楽譜集を持たせてしまったら、その週はもうその楽譜集が手元にないことになるし、楽譜集を持たせた生徒さんが、次回までに必ずコピーをしてくるというわけでもない。

そういった面倒なことにならないように、もうかなり前からコピー機を別室に用意した。楽譜以外にも結構使い道は多く便利だ。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/13(Fri)  |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。