• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家でピアノを弾くとき、またはレッスンで弾くときに、どんな椅子に座って演奏しているだろうか。

現在は、皮や合皮が張られていて、くるくると廻して高さを調節する背もたれなしの高低自在レザー椅子が主流になってきたようだ。ある程度の横幅もあるので座りやすい。

ピアノ教室などの背の高さが異なる人たちが多数座る椅子は、まだまだ背もたれのある椅子「トムソン」が活躍しているようだ。高さの調節が簡単というのが、最大の理由だろう。

しかし、背もたれなしの椅子でも、高さ調節が簡単なものも出てきて、トムソンはいまやあまり人気がないらしい。しかも、トムソンは高さ調節機能の箇所がどうしても故障しやすく、長年使用していると、左右のバランスが微妙に悪くなたり、ミシミシといやな音がしてくることも。

自分のところでは、普通の高低自在レザー椅子とトムソンの両方を選べるようにしているが、見た目のせいもあり(?)トムソンで弾く生徒さんは少ない。現在のトムソンはまだ使えるが、これが壊れたら買うかどうかは、迷うところだ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!モリスさん。

あの椅子、「トムソン」という名前がついていたのですね、初めて知りました!
私がお世話になっている先生のところも「トムソン」だったのですが、かなりみしみし言っていて、ついに先日ベンチタイプの椅子になりました。
私も普段はベンチタイプの椅子です。

下のピアノの話ですが、新しいピアノで最初はこもったような音でも、弾いているうちに段々いい音が出てよく響くようになってくる、と思っていたのですが、どうなんでしょう?
2007/04/17(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうなのですよ、あれはトムソンという椅子なのですが、最近は少なくなってきているようです。やはり古くなると、みしみしときしむような音がしますから。

新しいピアノですが、数ヶ月後、数年後にどのような音を出してくれるようになるのかは、新品の状態での判断は非常に難しいものです。すぐれた調律師さんは、やはり先の音を考えてピアノをお客さんにおすすめするそうですが・・・
もそもそが、年数が経過しようと、適度に弾いても、調律・整音をしても、良くないピアノはあるそうです・・・。
2007/04/18(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。