• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうそろそろ4月も終わりで、連休もはじまるところ。
この年度末や年度初めに新しく来た生徒さんも、数回のレッスンをして慣れてきたところだろうか。

最初のうちは、自分からも生徒さんにいろいろな会話や質問などをしながらのレッスンとなるが、生徒さんや親からも質問されることも結構ある。
例えば、レッスンの進め方について聞かれれば、丁寧に説明するようには心がけているし、「何か1曲を」と言われれば、適当にショパンなども弾く。

だが、子どもを音楽の専門に進ませるかを考えているような親に「やはり普通は一日4時間も5時間も練習するのですよね、先生もそうでしたか?」と質問されると、少し困ってしまう。
長時間練習の習慣が大事なのは、本当はそうだと思う。小学生でもそれくらい弾く人なんてたくさんいるし、それが習慣にならないと、中学、高校という年齢になった時に、6時間や7時間といったメニューを消化できない。

そうなのだが、自分は以前にも書いているかもしれないが、いつも「いかに短時間で多くの曲を仕上げていくか」というような習慣が先に見についてしまい、子ども時代は2時間でたくさん弾いた気分に。高校くらいになって、やっと2時間を越えるかどうかといった感じだった。

これは、後になってかなり影響するのは明白で、学生になって持ち曲が伴奏等を含めて10曲以上になると、やはり2時間ではやっていけないが、さすがに5時間も集中する習慣は身につかず、3時間半くらいでお腹いっぱいの状態に。
さらに、白髪爺さんにも
「モリス!おまえ2時間くらいしか弾いてこなかっただろう!」と、最初の頃はよく怒鳴られていた・・・。

というわけで、生徒さんの親からの質問には、
「そうですね、小学生高学年や中学生に、1日5時間とは言いませんが、3時間や4時間は弾くものですよ」と答えるようにしている。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
確かに、練習時間だけを話題にするのってナンセンスですよね(笑) 大事なのは、時間ではなく練習の内容、量より質ですもんね!!
でも、モリスさんが言うように、長時間に対する集中の持続力がとっても大事なポイントなんでしょうね。いくら瞬間的に高い集中力が発揮されても、それが持続できなければ、結果的に絶対量で違いが出てしまいますよね。
ただ、音楽の世界って、その世界を知らない人間にとっては、本当に未知の事が多い世界です。日々の練習量も、その一つです(笑)
2007/04/28(Sat) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
モリスさんこんにちは。

練習時間って見抜かれるものなのですね・・・。恐るべし白髪さん・・・。

この前ピアノ教師の知り合いとチェルニー30番について話していたとき、ボソッと「1曲30分かな」といってました。プロの方になると仕上げるまでの時間が想定できるものなのかなと思いました。
2007/04/28(Sat) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

「○時間練習すればいい」のではなく、「これだけやるとしたら○時間はかかる」ということになるとは思いますが、確かに専門的な道に進もうか迷っている人には、練習時間は気になるかもしれません☆
私が専門に進まなかったのも、「クラブも入りたいし遊びたいし、そんな長時間毎日練習できない」と思ったのも理由の一つです(笑)
覚悟(?)のためにも、目安として言ってあげるのが大切だなあと私も思います。
実際、ピアニストとしてのステージでの集中力と体力を作るためにも長時間の練習は必要なのかもしれませんね☆


2007/04/28(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

そうですね、単純な練習量だけに言及しても、あまり意味はないかもしれません。質をともなった量が大事ですから。
それでも、長時間練習で集中の習慣は、つけていくのは良いとは思います。



FFyusukeさん、こんばんは。

練習時間の少なさは、白髪爺さんは確実に見抜きましたね。自分は当時はあまり良くない生徒だったのでしょう・・・。

>プロの方になると仕上げるまでの時間が想定できるものなのかなと思いました。

確かにありますよね、「これくらいの曲なら、1日どれくらい弾いて、何日でそれなりに弾けるか」などは、結構予測できるものです。そのためには、かなりの曲数を長年かけて弾く必要はあると思いますが。



まりはんさん、こんばんは。

まさに、おっしゃるとおりですね。時間を目標にするのではなく、「これくらい弾くのだから、時間はこれくらい」ということですよね。
それでも、意図的に長時間練習をする時期というのも、あって良いでしょうし、専門を目指す方は「覚悟」というのも、確かにそうかもしれませんね。
2007/04/28(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。