• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンというのは、生徒さんの反応が良いとやりやすいし、やりがいもある。そして、充実した時間なのに、ある意味、楽でもある。

例えば、小学生でバーナムのテクニックを毎回しっかりと弾けている生徒さんがいるが、レッスンではそこから
「もっと音を聴いて粒をそろえよう。もう少し手をこのように使ってみて」
と指示してみると、すぐに反応してさらに音の粒がそろうように。
そうなれば、そこから
「はい、では全てピアニシモでどうぞ」
と言うと、2回くらい弾けばピアニシモでもそろって弾けるように。
「では、ピアニシモのままテンポアップ」
「ピアニシモでスタッカート」
「フォルテとピアニシモを2拍で交互に」
「では、G長調に移調、繰り返してC短調で弾いて」
などと、どんどんやっていける。そして、技術上でも曲を弾くということに関しても、レッスン中に明らかな改善や上達を感じられる、数少ない生徒さんだ。

だが、実はこの生徒さんが、家ではあまり弾いていないことは、お母さんからも聞いているしるし、そうだとは思っている。
バーナムだけではなく、曲でもレッスン時にすぐに反応できてしまうので、家では譜読み程度に弾ければOKだと、本人が思ってしまっているようには感じている。
もう少し様子を見て、家での練習をもう少し充実したものになる方向へ改善したいところ。バーナムでいろんな練習方法をやるなんてことは、本当は数回のレッスンで練習案を提示したら、あとは自力でやって欲しいものだからだ。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは!

バーナムの練習方法、目からウロコです!!
移調やフォルテとピアニシモを交互に弾くなど、色んな練習方法があるのですね!
なるほどなるほど~と思いました!

先生の指示をすぐ実現できる生徒さん、素晴らしいですね!
家での練習が充実したものになれば、もっともっと上達しそうなのにな~と思いました。
2007/05/04(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

バーナムは、まりはんさんもお使いでしたね。いろいろな練習方法ができるので、やってみるといいですよ。

そうすると、生徒さんも、バーナムは楽譜どおりに弾くだけではなく、そうした練習方法をするものだという意識が、できてくると思いますから。

指示をすぐにできる生徒さんは、確かに良いことではあるのですが・・・ピアノはやはり家での練習ですからね。
2007/05/05(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。