• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまでにも何度か譜読みについては触れてきたが、つい昨日のレッスンで、譜読みについての会話を生徒さんとしたので、少し触れてみたいと思う。

その生徒さんは、譜読みミスは非常に少ないのは良い点だが、譜読み段階の演奏が、漠然と弾いているような状態に近い。レッスンでいろいろと言ってみると、かなり良くはなるのだが、これではもう一歩先にはいけないような感じだろうか。
大人になってから始めたピアノで、まだそれほど時間も経過していないせいもあるのだが、ご本人も曲の仕上がりの質を最近は気になりだしたようだ。

そこで、譜読みの話になったので、少し説明をしてみた。ここでは何度か書いているようなことで、特別なことではないが、こんな感じだろうか。
新しい曲をすぐに弾くのではなく、1ページの曲も10ページの曲も、最後まで楽譜を見る。新曲視唱のように音が頭で把握できなくても、サラッと眺めるだけでもいいので、とにかく何か感じること。「音符が多い」とか「弾きやすいそう」、「フォルテが頻繁」、「前弾いた曲に似ているかも」など、何でもいい。

それから、ゆっくりと譜読みで弾き始め・・・の前に、できればテンポ近くで試しに弾いてみる。最初だけでもいいし、全然弾けなくてもいい。少しでもイメージをつかむ。
ここから、ゆっくりで譜読みを開始だろうか。だが、譜読みというのは、音符のみを正確に弾くことではないから、ゆっくりでも楽譜上のテンポ以外の指示は、全て含めて譜読みする。ゆっくり譜読みでは、全ての音をメゾフォルテやメゾピアノで弾く人もいるが、それだと仕上がり段階の最後の最後まで、そのイメージが残る人もいる。

つまり、譜読みというのは仕上がりのイメージを持って演奏することが必要。仕上がり近くになって、持っていたイメージが変わってもいいが、何もイメージがなく漠然と抑揚も拍感も希薄なメゾピアノ譜読みをすると、仕上がりもそうした演奏の延長になりやすい。
コメント
この記事へのコメント
モリスさんまたまたこんばんは。
譜読み って人によって定義が曖昧な言葉な気もします。
僕は音符を追うのに一生懸命でそんな時に楽想を見ていたら音を間違える…と思っていたことがありましたが、これはまさに本末転倒だと思います。

譜読みミスが多いのは・・今も昔もです。
まだ注意力がたりなくさらっと弾いてしまう部分が多いのかもしれません。
2007/05/10(Thu) URL  | Andante #-[ 編集]
譜読みって、本当に奥が深いですよね。確かに同時進行的に複数の要素を並列処理しなくてはならないと思うんだけど、Andanteさんの仰る通り、ピアノに対して習熟度が低い生徒に対しては、そうした並列処理を要求する事は、とってお困難なような気がします。もちろん、最終的には並列処理の能力を身につけなくてはいけないのですが。それを、どう橋渡ししていくのかが難しいところです。
うちでは、テンポは指定速度より遅くていいから、そのかわり、フレーズ毎をインテンポで必ず弾けるように、その時に強弱記号も必ず意識するように、そういう指示をだしています。次のステップは、フレーズを繋げる練習。最後の段階は、テンポを楽譜の指定速度までアップさせる練習。…以上で譜読みは完成っていう三段階ですかね。
ただ、この方法が本当にいいのかは僕自身も疑問(笑)
2007/05/10(Thu) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
Andanteさん、こちらにもどうも。

そうですね、譜読みといっても定義はあいまいですよね。
譜読みのミスは、レッスンで指導者が何度か聴いても見落とす場合もあるので、できるだけ自身で少なくしたいですよね。
譜読みの早い段階で、指だけで暗譜してしまうと、ミスに気がつかない場合も多いと思います。
楽譜を見る目、鍵盤に触れる指、聴く耳、これらが一体となることで、ミスは減りますし、ここに理論が加わると、格段に譜読みミスは減りますよ。



SONBUNさん、こんばんは。

そうですね、確かに子どもやピアノ経験が浅い方には、多くの要素を一度に含めて譜読みしていくのは、なかなか大変なのかもしれません。

でも、逆にピアノをはじめた早い段階から、譜読みはそういうものだという意識を持っていただけると、身につくのもそれほど困難ではないかもしれませんね。
SOMBUNさんの三段階譜読みも、方法として良いアイデアだと思います。フレーズを大事に意識することは、後でどんどんいかされるでしょうから。
また、成長すると楽譜の見え方も変わってくるものです。考える前に感覚でとらえるような感じかもしれませんね。

2007/05/10(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

「譜読み」この言葉の意味?
色んなブログを見ていたりすると様々ですよね。

私は楽譜を眺めた後、ひとまず指定テンポくらいでグダグダになりながらも弾いてみます。

その時に毎度のことながら自分の未熟さを知るのですが(笑)

メゾピアノ譜読みはしていないとは思うのですが自分の事は意外と解りづらいです。
自分の特徴や傾向をもう少し整理しておく必要がありそうですね。
2007/05/10(Thu) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

つい最近まで、新しい曲になると、目を通すことなく、いきなり弾き始めていました☆
メゾフォルテ譜読み・・(^^;;どきっとしました。
私がやってしまってる譜読みです・・。
最初から楽想も一緒に読んでしまうんですね。

でも難しい曲は音を追うのに必死です・・。
譜読み時点ではイメージとかあまりないこともあります。
弾いてるうちにイメージがわいてくる感じです。
楽譜をぱっと見て、ぱっと弾けたらいいなあと思います。


2007/05/10(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

そうですね、人によって譜読みという言葉の意味の捉え方は、様々だと思います。
おっしゃるように、自身の特徴や傾向をつかんでおくと、譜読みもまた変わってくるかもしれませんね。
自分は、とらいあんぐるさんは、結構譜読みは速い方だという印象ですが、どうなのでしょうか?



まりはんさん、こんばんは。

メゾフォルテ譜読みで指固めをして、それから楽想を、というのが、絶対にダメというわけではありません。それで良い演奏をする方もいますよ。

それに、弾いているうちにイメージがわいてくるなら、それはとても良い傾向ですから、それが弾く回数が少ないうちからイメージできるようになり、やがては最初に楽譜を見たときから、音楽としてとらえられるといいですよね。
2007/05/10(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。