• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつの時点が楽譜を読めるようになったのかを、正確に覚えている人はいるだろうか。
小学校の音楽の授業でも、どこかの学年で音符の読み方くらいは教えるだろうし、それ以前にピアノや楽器を習ったり、合唱団のようなもので覚える人もいるだろう。

だが、その時点での楽譜に対する認識というのは、結構漠然としたものであって、音程はわかれて読めていても、リズムに関しては「タン・タタ・ターン」なんて説明をされて、その音符が本当はどれくらいの音価を持っているかなんてわからずに、「4分音符の長さは、タン1個?」のような感じで覚えてしまうこともあるだろう。

それは悪いことでもなく、子どもは感覚から覚えやすいからいいのだろうが、ピアノを習っていて、一人で問題なく譜読みしていける生徒さんでも、楽譜についての理解は、一定期間ごとに再確認した方が良さそうだ。
例えば4拍分を、4拍の冒頭で終えてしまう人は結構多く、これは一度くらい説明しても改善されないこともある。

やはり、ピアノを専門的にやらなくても、一定期間はソルフェージュの徹底が効果的だろうか。拍子やリズムについても、少ししつこく徹底して歌ってもらうことは、かなり効果がある。
そして、そうして身に付けた感覚が、複雑な曲を演奏するようになって、どこかで迷ったり判断がつきにくい箇所があっても、そういった基本的なところから考えることでできるので、自己解決できる可能性も高くなる。
もちろん、ソルフェージュを何年もやっていても、ピアノ演奏とはまったくの別物になってしまっている人もいるのだろうが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。