• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッハというと、自分の意識の中では「苦労した、苦戦した」ということばかりが残っているが、ピアノを弾いてきて、最近がバッハを一番好きな時期で、よく弾いているし、生徒さんのレッスンでも使う機会が増えたかもしれない。

そのバッハへの苦手意識というのは、高校生くらいの時はかなり感じていたが、白髪爺さんに習うようになってからは、一層感じるようになった。
例えば、3声の15曲あるシンフォニアのいくつかの曲は、平均律のいくつかのフーガよりも難しい。
そして、白髪爺さんにいくつかのシンフォニアのレッスンも受けたが、以前のも書いたように、自分のただ通過するような弾きかたが、お気に召さないらしく、怒られる。
そして、装飾音符のタイミングで、またがっちりと怒られる。これを克服することが、自分はとても苦労した。

さらに、いつもテンポが速すぎるらしく
「どうしてそんなに速く弾くのかね!指が動いていればいいってもんじゃないんだよ」
と怒られる・・・。

だから、当時はレッスンでのバッハは憂鬱だったのだが、今ではバッハのフーガを少しは表現ができるくらいにはなっただろうか。
やはり、当時のあのレッスンで、かなりバッハの曲の特徴をつかめるように、なったのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!モリスさん

バッハ・・はっ・・モリスさんの記事を見て思い出しました☆最近全然やってません・・v-356
↓のインベンションの本、面白そうですね。
落ち着いたら、またバッハの遅れを取り戻さなくては・・。

モリスさんでも昔バッハに苦手意識を持たれていたんですね・・。
なんだか安心(してる場合じゃないですか?)

今年中にシンフォニアに入りたいですが、インベンションを何曲かじっくり弾いてみるのもいいですね。
2007/05/17(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

インヴェンション最近弾いていないのですが、ショパンやラフマニノフでお忙しいでしょうから、バッハに時間を使うのは難しいですよね。

自分はバッハに苦手意識はずっとありましたね。今でも得意というほどではないのですが、好きなので毎日弾いています。

まりはんさんも、コンサートが終わったら、インヴェンションじっくりとやってみてはいかがでしょう。

2007/05/18(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。