• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノを習うと言っても、生徒さん本人にも、そして親にもかなりの意識の差はあって面白い。
新しい曲は毎回譜読みミスがないかチェックしている親もいれば、レッスン内容にほとんど関心がない(よく言えば、指導者にまかされている?)親もいる。
自分はどちらでも良いとは思うが、レッスンがペースにのるまでの初心者期間は、家での親のサポートが少しは欲しいといったところだろうか。

さて、自分が子供の頃のモリス家の両親も、レッスン内容には関心が無かったと思う。
正確には、関心が無いというよりも、初級者から中級者くらいが弾くような教則本や練習曲、その他の曲に全く馴染みが無かったのだろう。
自分がベートーベンのピアノソナタなどを弾くようになった時には、時々感想は言うくらいだった。

だから、自分の妹のピアノに関して、意見や感想を言うことはほとんど無かったと思う。
これも以前に書いたように、妹は小学生の4年間ほどピアノを習っていたが(自分とは違う指導者)、ついにバイエルは終わらないほどの凄腕だった。
家で弾く曲は、いつもたどたどしいバイエルの何十番かで、全く進歩がないので、親も無関心だったのだろうか。
それでも親が最初に抱いていたのは、妹は小学校の音楽の成績が非常に悪かったので、「せめて楽譜くらいは読めるようにピアノ習わせて・・」というものだっと記憶している。

そして、習い始めた妹もピアノが好きというほどでもなく、だらだらとバイエルを4年も続けてしまったのだが、結局は最初の目的である「楽譜を読めるように」も、完全には達成できず、楽譜の音程はだいたいわかるが、調号と臨時記号、そしてリズムには全く弱いままで、ピアノはやめてしまった。

今考えると、自分も少しは妹を補助してやれば良かったのかもしれないが、指導者も違い、使用教則本なども違ったので、家であれこれと妹に言うことはしなかった。
結局妹は、小学校を卒業してからも「私はピアノをやっていた」という意識のみが残り、テレビで有名ピアニストが弾いていても
「この人、あまり上手じゃないね」なんて平気で言うだけの人となってしまった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
はじめまして、こんにちは。関連の話題だったのでTBしました。私のブログは始めたばかりですが、記事に紹介させて頂きました。
2007/05/19(Sat) 23:15:58 |  ピアノを習う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。