• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい先日のレッスンで、少しうれしいことがあった。
その生徒さんは、まだ初級の教則本を何とか弾いているような状態で、気がつけば肩に力が入っていたり、ミスを連発してどこを弾いているのかわからなくなることもある。

それが、その日のレッスンでは、教則本の中のとても小さな曲ではあるが、一度もミス無く、止まることもなく最後まで弾けた。これは初めてのことだった。

誤解をおそれずに言ってみると、ミス無く弾けることはとても良いことだ。
いつも少しの小さなミスがあっても、「だいたい良いかな」と思って進めていると、どの曲を弾いてもそういった状態の演奏をする傾向になる。
そして、実力よりも簡単だと思われる曲を弾いても、やはりミスをする傾向は改善されないことにも。
だから、ピアノ初級者の段階で、ゆっくりの簡単な曲でも、テンポを数えるようにして音を外すことなく弾けることは、とても大切。
そして、何より生徒さん本人が、「ミスなく弾けた」ことを、とても喜んでいた。
コメント
この記事へのコメント
こちらの記事にもおじゃまします♪

私もミス無く弾けることはとてもいいことだと思います!
ミスをするからダメ、なのではなく、ミスをすることで音楽の流れが変わってしまったり、途切れることがよくない、ということですよね。

それにやっぱり、「ミス無く弾けた」というのは生徒さんにとっても、大きなことだったんですね~!
生徒の成長って、先生にとって一番嬉しいことだなあと思います。
2007/05/29(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こちらにもありがとうございます。

そうですね、ミスはダメではないですが、ミスは無い方が良いですよね。
そして、ミス無く弾けた時の喜びや自信は、生徒さん自身がとても感じていると思います。

>生徒の成長って、先生にとって一番嬉しいことだなあと思います。

はい、これは本当にそうですね。
2007/05/30(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは。

ミス無く・・・弾きたいですねe-331
考えてみれば、ミス無く弾けたことまだないかもしれません( ´∀`)
私も先生を喜ばせてあげたいので、しっかり確実に練習していこうと思いました!
2007/05/30(Wed) URL  | プー #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

ミスが無ければそれで良いというものでもないですけどね。でも、少し意識を持つことによって、仕上がりも良くなると思いますよ。
ぜひ、良い演奏で先生を喜ばせてみましょう。
2007/05/31(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。