• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、知り合いの指導者さんと、お互いに弾いて感想を言うような、小さな「練習会」をした。

この指導者さんとの練習会ははじめてだったので、お互い軽めの2曲ずつ。
ちょっとしたポイントの確認程度で、「次回以降はもう少し深くやってみましょう」という程度の会で、時間の半分以上は雑談だった。

話で面白かったのは、この指導者さんは以前は他の方ともそういった練習会をしていたらしいのだが、
「シューマンを弾いていたけれど、曲の難易度とかそういった問題じゃなくて初級な感じだったのよ。常に鍵盤を浅くしか弾けないような奏法で、・・・練習会じゃなくて、私が代金いただいてレッスンする方が良かったのかも」
と真顔で言っていた。

確かに、1つ前に書いた「現役引退」とも関連しているが、びっくりするくらい弾けていない指導者は結構いる。
しかし、指導者という立場に一度なってしまうと、弾けていなくても、誰も本人には言ってくれない。そして、その弾きかたを生徒さんに教えているとなると・・・
自分も日々勉強しようと、あたらめて感じた練習会だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。