• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が幼い頃のモリス家の主要レコードレパートリーには、今年記念年のシベリウスも入っていて、「ベートーヴェン・シベリウス・ロシア物」というのが、3大レコードコレクションだったように思う。

4歳や5歳の時に、シベリウスの交響曲もよく聴かされていたが、こどもの頃はそうした広大な感じの曲よりも、活発な曲に興味がいくのだろうか。
幼少の頃の一時期好きだったのは、ハチャトリアンの「剣の舞」だったと思う。
この「剣の舞」に合わせて?、適当に踊っていたらしい(何となく覚えているが)。
だが、当時はもちろんレコードだったから、針がとばないように静かにしなければならない。だから、音楽に合わせて踊って飛び跳ねてもいいが、床に大きな振動を与えないように言われていたから、きっと滑稽な踊りだっただろう。

他にも、同じくハチャトリアンの「皇帝円舞曲」も好きだった記憶が。こちらは剣の舞に比べると、少しおとなしい踊りになっていたのだろうか。
そんな音楽に合わせて適当に体を動かすようなことは、現在でも立派に役立っている・・のかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは!

ぶぶぶ、かわいいお子さんだったんだろうなあ~と、想像したら笑ってしまいました!
子供って全身で音楽を感じますものね~!
「剣の舞」、思わず踊りだしたくなるような曲ですよね!
最後のあっけらかんとした終わり方が好きです。
そうやって小さな頃からいろんな音楽を聴かせてくださった親御さんもステキな方たちなのでしょうね♪
2007/06/05(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

いえいえ、全然かわいくない子供でした・・・。
音楽はよく聴く家庭でしたね。でも、いつでも流しているというわけではなく、聴く時は聴くという感じで、BGMのように流しておくというのは、モリス家では無かったかもしれません。
「剣の舞」なんて、いかにも子供が好きそうですよね。踊ってリズム感が良くなるという単純なことでもないのですが、子供が体を音楽に合わせて動かすのは良いと思いますよ。
2007/06/06(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。