• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日練習会を一緒にやった指導者さんだが、来月にちょっと人前で軽く弾くような機会があり、その準備という意味も練習会にはある。
やはり、誰にも聴いてもらわないでいきなり本番で弾くよりも、多少でも他人の耳で批評があると、気は楽になるというのもあるだろう。

「手持ちの、ショパン、プロコフィエフ、ラフマニノフなどの軽めの曲から、何とか間に合わせる感じにするかな」
と言っていて、先日聴いた感じではまだ仕上がっていない印象ではあったが、この方は間近になってあわててやるタイプだから、おそらく間に合うだろうとは思う。
本人も、
「いつか行った月光弾いていた『あの先生』のような、『何かの冗談みたい』なレヴェルだと、聴いている側も困ってしまうから、きちんと練習しておくね」
と言っていた。

その「月光弾いていた先生」の演奏会というのは、もうかなり前の話で、自分も聴きに行っていたが、終楽章が通常の半分くらいの速さなのにミスだらけといった感じで、まるで譜読み途中のような演奏。
確かに「何かの冗談」のような感じであり、プログラムに書かれている立派な長文の経歴が、なんだかとてもむなしかった。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

「何かの冗談みたい」な演奏・・☆
お、恐ろしいです。。そういう先生の演奏会だったら、無料というわけでもないだろうし・・(^^;
いっそ、即興演奏入れて、本当に冗談にしてしまったら面白いのかもですね!・・なんて(笑)

でも、立派な経歴お持ちの方でも、そんな演奏してしまわれることもあるのですね~・・。
みんな、人間なんだな~と思いました(笑)
2007/06/10(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうなのですよ。もちろん無料ではないですし、会場もそれなりに聴衆もいました。
でも、やはり演奏はどれもひどくて、本当に即興演奏でも入れて、会場を笑わせた方が良かったのかもしれないくらいでした。

これは、本番に失敗したというよりも、あきらかに準備不足というか、普段から弾いていない状態でしたね。
確かに恐ろしいです。
2007/06/10(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。