• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の文で登場した某楽器店さんの方もそうだが、自分(モリス)のことを「先生」と呼ぶ。
ほとんどの場合は、最初に出会ったときに、
「すみませんが、自分は『先生』なんて偉い人でも何でもないので、できれば普通に『さん』で」
とお願いしている。

そうすると、
「あっ、そうですか?はい、わかりました」
と言うのだが、また次回会った時には、
「どうも、先生。お世話になっております」
などとなってしまい、毎回訂正するのもおかしい感じがするので、それ以上は言わないが・・・。

でも、楽器店さんや調律師さんが、ピアノ指導者どんな人にでも「先生」と言うのは、わかるような気はするし、「先生」と呼ばないといけないような雰囲気を漂わせている先生もいるのだろう。

自分は、自分の習った先生は「先生」と呼ぶが、それ以外の指導者仲間などには人には、年上でも基本的には「さん」だろうか。
ただし、明らかにご年配(これも基準もないが)な人や、誰もが先生と呼ぶ人には、「先生」をつけている・・・と思う。
コメント
この記事へのコメント
(〃^▽^〃)oあははっ♪

僕もモリスさんを「モリス先生」って呼んだ一人ですが(笑)、リアルなモリスさんを存じ上げないので、モリスさんが本当はどんな方なのか判りませんが、でも、モリスさんの文章の雰囲気からは、「先生」オーラが漂っていますよ♪(微笑) 僕はそうしたモリスさんの理知的なイメージが好きですけどね☆
でも、他人が持つ自分のイメージと、本当の自分にギャップがあると、人を指導する仕事とか人間関係の仕事なんかだと、微妙にやりづらい時があったりしません? ほんと、指導って難しい仕事ですよね(笑)
2007/06/14(Thu) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

いえいえ、実際の自分には「先生」らしきオーラなんて、きっと微塵も漂っていないですね。
と言いますか、自分はそんなオーラいらないですが。

でも、文章だけだと、どんな人物なのかよくわからないのはそうですよね。
自分はどうしても文章が硬い(と言われる)ので、最近は少しでも柔らかくするように心がけてはいるのですが・・・SONBUNさんを見習ってやってみますね。

イメージのギャップ?ですか?
あるかもしれませんね、そういったことでの微妙なやりづらさは。
2007/06/14(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

何も考えてなかったです(笑)「先生」と呼ぶ&呼ばれることについて。
そういえば、所属の楽器店の中では上下かかわらず、皆「先生」と呼びあってます。

さらに、小学生の生徒さん相手だと、どうしても、「じゃあ先生が弾くから音当ててね」みたいな感じで、自分で自分のことを「先生」と呼んでしまっています(笑)お恥ずかしい・・☆
2007/06/14(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
私も心の中では、モリスさんは「先生」なのですが・・・( ´∀`)

色々アドバイスして下さったり励まして頂いたりして
本当に日々、感謝ですヽ(o´ω`o)ノ
2007/06/14(Thu) URL  | プー #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

いえいえ、先生と呼び合うような習慣は現実にありますから、それを無理に変更する方が良いと言っているわけではないですよ。

ただ自ら「先生は~」という言うのは、自分としては少し抵抗感があるだけですから。感じとしては、自らに敬称つけているのに、近い感じがしまして。
でも、これも無理に変えることもないと思います。人それぞれ受け止め方は違いますからね。



プーさん、こんばんは。

ありがとうございます。
せっかくこうして交流できているので、お互いにピアノや音楽のことを、気軽に話したりできると楽しいですよね。
自分にできる範囲で、プーさんにアドヴァイスが少しでも助言できればと思っています。
これからもよろしくお願いしますね。
2007/06/15(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。