• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下記の記事に続いての楽譜もシリーズ?。
以前に書いてこともある内容と重複もしていると思うが、一応並べてみる。

モーツァルト・・校訂楽譜が手元になくても、何とか弾けることが多いので、原典版が1冊がまず必要か。
ヘンレ原典版かウィーン原典版あたりが普通では。自分はヘンレを使用。
参考校訂~バルトーク版。フレージングが独特だったりと、参考に使える校訂版。買うよりも、図書館や大学図書館などで見比べてみるといいかも。

ラヴェル・・デュランらサラベールなどのフランススの楽譜よりも、それを元にして校訂された楽譜が実用的。
おすすめ~(株)ショパンの中井正子校訂版。理由は下記記事のドビュッシーとほぼ同じ。

などが、自分が使いやすいと思っていたり、実際に使っている楽譜の一部。
もちろん譜面の見易さ、値段なども考慮することになるだろう。
楽譜を買う前には、習っている先生に聞いてみるのがいい。特におすすめが無いや、何度もいいと言われて迷った時に、これを参考程度に。
また、先生と違う楽譜を買って比較するのも一つの方法。


バッハと古典派とロマン派の場合、買う時に迷ったり目的の楽譜が店頭に無かった場合は、音楽之友社のウィーン原典版は、どの作曲家の場合も信頼度が高いと言われていて、無難な選択で大はずれが少ないように思う。
もちろん、これをダメだという人もいるが、他を買い足す場合でも持っていて損はない。

以下は他の日本版について少しだけ。
全音はダメだと決め付けている人もいるが、そうでもない。特に最近新たに見直しをして出版されたものや、外国出版者のもの日本版として出版されたものは、全音も質が高くて使える(ギロックやモシュコフスキー、カバレフスキー、バッハの一部など)。価格が安いのも魅力。

音楽之友社の標準版も、場合によっては使える。特に新しい標準版のシリーズはまだ数冊しかでていないが、質が高いと思う(ショパンエチュードやブルクミュラー25など)。

春秋社の井口校訂版のシリーズは、古い標準版に昔の井口氏の主観が入った校訂で、さすがに避けたいようにも・・・ただ、演奏がしやすい面はあるだろうか。

何度も言うが参考程度に。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。