• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンというには時間に限りがあるものなので、その曲の仕上がりをどこまで追求するのか、生徒さんよっても違うし、その時々の課題や方向性によっても微妙に違うだろう。

だが、自分もレッスンをしていて、あまり良くないな、と思うのは、「だいたい弾けている」ような状態で全てが良しとなり、次の曲に進んでいくこと。
だいたいで良いというのは、曲によってはあるだろうが、弾く曲の全てがそれだと、「もうだいたい良い」といった習慣に、指導側も生徒側もなってしまうこともある。

そして、自分が今教えている中学生の生徒さんが、その「だいたい良い」の感じであり、弾けているようにも聴こえるが、実はそうでもない。
特に、部分的に弾いてもらうと良い感じなのだが、全体を通すと弾けていた箇所でもつまづいたり、急に和音のバランスが崩れるなどの症状もあり、テンポが急に速くなる時も。

それでも、本人はだいたいは弾けている気分なので、ここから抜け出すように指導していくのは簡単でもない。
ただ、以前からたくさん音楽を聴くこともすすめて、質の高い演奏を耳で感じられるようになってきたせいか、最近は仕上がりの目標も少しずつ高くなってきた印象はあるので、今後ともじっくりとレッスンしていこうと思っている。
コメント
この記事へのコメント
以前、一課題一テーマで曲を仕上げいくっていう事を話題にしたと思うんですが、同時に、今回の記事のような落とし穴ってありますよね。指導者や親はそれを理解していても、意外に、意識の低い子供だと、曲全体の仕上げがこの程度でいいのかって思ってしまう危険性ですよね。だからといって、全ての練習曲を舞台用に完成度を上げて仕上げる事は効率の良い指導・学習ではないでしょうし。ほんと、この辺りのバランスは難しいなぁ~って思います。

カメラマン、お疲れ様でした♪(微笑)
2007/07/06(Fri) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
こんばんは~。

うーん、まさに自分の事のような気がします。
自分ではなかなか判断できないんですけど・・・
どっちにしても「おっ、この曲はもう完璧」なんて思った曲は今までで一回もないですよ(笑)
やっぱりマズイでしょうか?
2007/07/06(Fri) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

この「だいたい弾けている=仕上がってる」とは思って欲しくないけれど、よしとするラインが私の中ではあいまいです。
あいまいというより、生徒によって基準を変えているかもしれません。
ただ、「だいたい」で通してしまうことは危険だなあと思いました。
もう一度、指導スタンスを振り返ってみます。

2007/07/06(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

一課題一テーマのように、指導側も生徒さんも理解していると、曲によっては「今回はこの曲はこれくらいでも良い」という判断もありますよね。でも、すべてがだいたい良いになってしまう方も、結構多いのかもしれませんね。全てに最大の力を注ぐのも、確かに効率はよくないですし。
そういったバランスは、指導者はもちろん、生徒さん側にも必要なのかもしれません。

カメラは難しいものですね。SONBUNさんの方が、カメラ使う機会は多いかもしれませんね。



とらいあんぐるさん、こんばんは。
仕上がりの自己判断は難しいものですよね。
自分も、「これはかなり完璧に近い」と思うことは、ほとんどないですよ。
でも、曲をたくさん弾いているうちに、だいたいから抜け出せる人も多いですから、シューベルトに挑戦のとらいあんぐるさんも、これからが良い時期なのでは?



まりはんさん、こんばんは。

生徒さんによって基準が違っていても、良いと思いますよ。指導側としては、最低ラインを高くしたいものですが、現実には難しいものですよね。
ただ、やはり全てが「だいたい良いかな」の気分だと、後からが苦しいことになる場合もありますよね。うまくバランスをとって指導したいものですね。
2007/07/06(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。