• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人の初級者の生徒さんは、最初の頃はとにかく左手の伴奏が大きくなってしまっていることも多い。
それを気づかせても、右手メロディーをだして、左手だけを抑えることは結構難しくて、右手も一緒に小さくなってしまったり、それをさらに改善しようとして、バランスがさらに崩れたり・・・。

だが、そういったことも、ピアノへの慣れとレッスンの積み重ね等によって、次第に改善されてくるもの。そうなると、譜読みの段階でもまずまずの音のバランスで弾いてくれる生徒さんもでてくる。

しかし、慣れがかえって右手メロディーのみが聴こえるような演奏になってしまう場合もあり、左はいつどんな時でもとても弱い習慣になっている人も。
確かに伴奏はかなり小さくても大丈夫な場合もあるが、ほとんど聴こえないのは良くないだろう。
そうした時に自分は、
「バランスを考えて弾くのは良いけれど、どんなバランスでも聴こえない音があるのはちょっとね。楽譜上の音は全て鳴らして聴こえるものだよ」
と指示することもある。
もちろん、そう意識できる人は多くはないだろうが、とても重要なことだろう。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは!

右手と左手の音量の調節、今教えている子達の課題です☆
同じ位の音か、左手の方が大きかったり。。
右手だけクレッシェンドができなかったり。。

私の場合も、左は拍を刻む伴奏にし、右手だけにルバートかける。。これがなかなかできません☆

左右分離させるのって結構色んなところで課題になってくるのですね。
2007/07/10(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさんこんばんは(^_^♪

「大人の初級者の生徒さんは」とありますが逆に子供の場合は伴奏が大きいことは少ないですか?
僕は何度も注意されていました・・。
やっていた曲集を見ると伴奏のところに大きく×印が(音を抑えてという意味で)いたるところにあります。
それが出来るようになったのは電子ピアノということもあって録音して聴いてからです。
「え?こんなにひどいんだ。」と思い 小さすぎるくらいの気持ちで弾いて録音ではちょうどよく聴こえた感じです。
#いき過ぎると、「聴こえなく」なるのでしょうか

弾いているときに音を聴くっていうのは大切ですが簡単にはできなかったりするので録音すると客観的に聴けますね。
今でも録音すると新しい発見が…できれば弾きながら感じることができたらいいのですが。
2007/07/10(Tue) URL  | Andante #-[ 編集]
こんばんは~。
バランス、難しいです。
録音して聴いてみても録音状況によって
聴こえ方は違いますし(私の場合、小型のICレコーダーなので)
レッスンなどで「右が弱い」とか「伴奏が聴こえない」などとは言われた事はありませんが・・

指導しても出来なさそうだから言わないだけかも(笑)
気ままに弾いてバランスが取れる人になりたいですね。
2007/07/11(Wed) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
バランスって「バランス」なんですよね!(笑) ほんと、モリスさんの仰る通りだなぁ~って、最近、特に感じていたので、とっても納得しました。奇しくも、先回のコンペの講評でも全く同じ話がでました。左右の独立を保ちながら、それがアンサンブルする感覚が理想かなぁ~って思いますね。 
2007/07/11(Wed) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

子供だと無意識にバランス感覚を発揮する場合もありますが、そうではなあい場合も多いですよね。少しずつ耳で判断できるようになると、いいですよね。

>私の場合も、左は拍を刻む伴奏にし、右手だけにルバートかける。。
そうですね。これもやるなら、練習では思い切り左右がズレているくらいでやってみると、コツをつかみやすいと思いますよ。



Andanteさん、こんばんは。

ええ、おっしゃるように、子供の生徒さんでも左手が大きすぎの場合もありますが、大人よりも感覚で修正されていく場合も多いかもしれません。
>いき過ぎると、「聴こえなく」なるのでしょうか
どうなのでしょうか。
そんなこともないと思いますが、聴いて判断するのではなく、単に「左手伴奏は小さく」のように思ってしまうと、左手が小さすぎの習慣の方も時々います。

録音も上手に活用するといいですよね。もちろん、演奏しているときの耳が大切ですが。



とらいあんぐるさん、こんばんは。
そうですね、録音も確認のひとつの手段ですが、聴こえ方が異なることもありますよね。

>気ままに弾いてバランスが取れる人になりたいですね。
本当にそうですね。



SONBUNさん、こんばんは。

バランスはバランスですか、いい感じの言葉ですね。
左右は別物でも、相乗効果のような絶妙なバランスだったり、時には伴奏音がとても大きいけれど、それが効果的な感じだったりと、本当のバランスは凄いものです。
やはり、感覚からの音楽が大切ですね。
2007/07/11(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
こんばんは。

私も、先生に指摘されるまではどうしても左手が大きくなってしまっているようですe-330
言われてから意識すると直るようですが・・・

それに、クレッシェンドが出てくると右手は出来るのですが、左手の大きさは変わらずe-263

バランスが難しいです!!
2007/07/12(Thu) URL  | プー #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

左手に意識を持って弾けると、全然違いますから、日ごろから少し注意を向けてみるといいですよね。
プーさんは、今バイエルもやっていますから、そういった初級の教本でしっかりとバランスを身につけると、後からきっと役立ちますよ。
2007/07/13(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。