• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノの演奏には、左手は右手のようにメカニックな訓練を一生懸命するよりも、伴奏系をうまく弾くことを中心とした気配りの方が、現実的(とくに専門ではない方は)だとしてきた。が、「左手だってしっかり訓練して、両手で弾くような難曲も弾きたいっ」という方もいるだろう。

そういう人は、これまでにも述べてきたような、タッチポイントや指の個々の神経独立・筋力の強化などを、左手に関しても右手と同じように少しづつ練習していけばいいのであるが、その前に、利き手ではない手が、どれほどうまく使えないものなのかということ(右手が利き手だとして)、実感することも必要だろう。

例えば、左手でウチワや扇子を持ち、自身の顔にあおいでみよう。
どうだろう。右手を同じように、上手に風を顔に送ることができただろうか。やったことがない人なら、右手と同じような感覚でウチワをあおぐことは難しいはずだ。同様に、左手でハミガキなども難しい。

筆記や食事などの動作は、利き手ではない左手では困難なことは想像がつくと思うが、やってみると、ウチワやハミガキなどの動作でさえ、左手では簡単ではないことに気がつくと思う。右手に比べて日常の使用頻度が少ない左手は、指だけでなく、腕などの動作でも、神経や筋肉が思い通りには動いてくれないのだ。

だから、ピアノでも左手を右手を同じく練習するという前に、普段から左手の腕や指の神経や筋肉を使って、眠っている左手を起こしてあげよう。そう、左手は眠っているだけで、使えば使うほど思い通りに動くようになる。
ちょっと地味な作業で、「ピアノの左手テクニシャン」までには遠いかもしれないが、日々のちょっとしたことこそが大切ですよ。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。