• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おっとストップ、止めますよ。
そこで、テンポをあげてもいいけれど、テンポ感は維持して弾くようにしないと。特定の音符だけ飛び出したように速くて、次の音で急に戻るような、テンポが崩れるような演奏になっているよ」

「よく楽譜を見ること。
この休符は8分休符。あなたの演奏では、4分休符以上になっていて、流れが止まったみたいに聴こえるけれど?」

「ここのP(ピアノ)は、もう少し弾いてもいいように思うけれど。この後からPが2つになって、さらに3つになる箇所も出てくるよね」

という感じの指示のレッスンをよくやるが、
これは、自分で生徒さんに言っていて、「自分も気をつけなくては・・・」と、いつも思ってしまう。

つまり、他人の演奏だからこそ、そういった基本的なことや、ポイントを即座に判断して指示や提案ができるが、自身の演奏ではなかなかそうはいかない。
自分の演奏というものは、それくらい判断が難しいのは、いつも言っているとおり。

その証拠(?)に、つい数日前に自分で練習をしていて、もうすぐ仕上がりのつもりの曲で、ありえないような譜読みのミスを発見してあわててしまった。
しかも、驚愕するほどの単純な譜読み違いで、あわてるというよりは、あきれたと言ったほうが正しいようにも・・・。

でも、本当にそれくらい、自身の演奏というのは、冷静に判断できないものなのだろう。
コメント
この記事へのコメント
モリスさんこんばんは。
よく楽譜をみること、と何度注意されたことか。実際よくみると指摘されたとおりに書いてあるから不思議です。
実は先日ト音記号とヘ音記号を思いっきり間違えて譜読みしていてしばらく気付かず練習しつづけていました。ふと気付いた時にときにとても恥ずかしくなってしまい、ほんとありえないという感じです。
人前で弾く何日か前にに見つけてしまって激しく動揺したりもしますし。

ほんと楽譜を丁寧に読むってことは大事なんですね。
2007/08/07(Tue) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
FFyusukeさん、こんばんは。

楽譜の情報は全て読み必要がありますが、見落としというのは結構多いものですよね。
自分も、先日の譜読みミスをしていたときには、「どうしてこんなミスを」と思いましたが、普通に楽譜をよく見ていればしないような、単純なミスでした。

こういうときこそ、初心に戻ってしっかりとした譜読みが大事になりそうです。
2007/08/09(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは。

レッスンで初めて聴いて頂いた時は
いつもまず、正確に譜読み出来ているか、の話から始まります。
今の所、あまり指摘を受けた事は無いです・・・今の所。

もちろんレッスンまでの自己練習の中で驚愕の読み違いを発見する時はやっぱりあります(笑)
自分の事は解っているようでなんにも解っていなかった、というのは良くあることですよね。
2007/08/09(Thu) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

>今の所、あまり指摘を受けた事は無いです・・・今の所。

良いことですよね。
譜読みのミスは多い傾向にあると、意識して少なくするようにしないといけないので、なかなか大変ですから。

そうなのですよ。びっくりするくらいの譜読みミスというのは、時々あるものです。
気がつけばいいのですが、かなり後まで気がつかないことも・・。
2007/08/09(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。