• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルクミュラーの25練習曲に、「狩(狩猟)」という曲がある。
今週のはじめにレッスンした生徒さんにとっては、譜読みが楽でもあるこの曲は1週間で弾けるくらいなので、テンポも100くらいで弾けていた。

しかし、その演奏も予想の範囲内(あまり良くない意味で)だった。
ミスなんて全くしないが、リズムが出ていないし、フォルテとピアノの幅がまだまだ狭い演奏。

「少しおおげさに弾くけど、自分が弾くならこんな感じだよ」
と、リズムも強弱もかなりおおげさに強調して弾いてみせたら、生徒さんも少し驚いた様子。

この生徒さんは、丁寧に弾くことが多いし、練習してこないということもない。
だが、演奏は小さくまとまっていて、そういった雰囲気に合っている曲もたくさんあるが、まだ初級者のうちから、そんなおとなしいピアノ曲ばかりではなく、どんどん世界を広げてほうが良いように思うのだが。

今回の「狩」は、音楽を表に出すように弾くには、いい曲かもしれない。弾くことは簡単だから、いろんなことにかなり気を使えるし、しっかりとしたフォルテもだせるように弾いて欲しい。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは!

小さくまとまってる・・・は
わたしもかもしれません~e-268

先生は「心が繊細なのね~e-267」「きっと人格も穏やかなのね~」と言ってくれるのですが
要は、遠慮しすぎなのでしょう・・・

いろいろな曲で勉強していこうと改めて思いますe-327

あと、長い曲や人前で演奏したときに「ん?」「今どこだっけ?」「あれ?」など無意識に声が出てしまって、よく先生に指摘されるのですがなかなか直らず、これが一番の悩みです・・・e-236

2007/08/27(Mon) URL  | プー #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

プーさんは遠慮される方なのですか。
でも、レッスンはお金を払って弾いているのですから、堂々と遠慮無く弾くことも大事ですよ。

声が出ないくらいに、集中して弾く練習をすれば、きっと「いまどこ?」なんてことはなくなるので、レッスンでも集中して弾いてみてください。
2007/08/28(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。