• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアニストのDさんも出演の演奏会で、2台ピアノの曲も数曲演奏され、「ラ・ヴァルス」のほかにもモーツァルトの2台ソナタなどもあったが、どちらも1番ピアノを担当した方(仮にEさんとする)のピアノに冴えがなく、2台ピアノのアンサンブルの良さというのは、十分には発揮されなかった。

これは、2台ピアノで練習する時間の少なさも影響はしたのだろうが、問題はそれよりも、Eさんがひとりでしっかりと弾けていないことだろう。

弾けていない、と言ってもミスが多いとか、2台が全然合っていないという話ではなく、もちろんピアニストレヴェルの話。
だが、逆に言うとピアニストだからこそ、リハーサルが1日や2日でも、それなりの演奏を披露する必要があったと思う。
アンサンブルとするということは、まず1人できちんと自身の担当パートを弾けることが前提なのは、必須条件だと感じた。
コメント
この記事へのコメント
こんばんば!

Dさんの演奏、ステキだったみたいですね!
「さすらい人幻想曲」、20分もの時間集中するのはとても体力的にも精神的にもきついのでは・・と思います。すごいですよね。

アンサンブルも、それぞれの技術の差がでるとつらいですね☆
以前、弦楽四重奏を聴いた時、チェロはとってもいいのにバイオリンがイマイチだったことがあり、つらかったです☆
2007/08/28(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

大曲を集中して一気に弾くのはとても大変なことですし、わずかなミスなどは気にせずに集中を途切れないように保つことは難しいものです。

アンサンブルも、結局は個々できちんと弾ける必要がありますからね。ピアノ2台でも、弦楽四重奏でも、一人が良くないとやはりきれいには聴こえないものですよね。
2007/08/29(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
来月は5台ピアノを聴きに行きますが、5台のピアノを同時に聴き分けられるか心配!!(笑) …まぁ~でも、実際に5台が同時に一緒に弾く曲は少ないと聞きましたが。

アンサンブルで、お互いがちゃんと自分のパートをしっかり弾ける様にする事は、とっても大切な事なんですね。でも、それってソロでもいえる事なんですよね? ほんと、各パートに自信っていうか余裕が無いと、相手の音を聴けないから、アンサンブルが成り立たないんでしょね。 
2007/08/29(Wed) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

5台ピアノ楽しみですね。迫力は間違いなくあると思いますよ。
ただ、ホールによっては、2台でもお風呂の中のような状態で全く聴き分けられないくらい混沌とする場合もあるので、少し心配ですが、それでも楽しいと思います。

そうです、アンサンブルではよく「相手の音を聴いて」などと言いますが、それ以前に自身のパートをしっかりと弾けなくては。これが意外にできないので、アンサンブルにならないものです。ソロでもそうですよね。
2007/08/29(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。