• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「その生徒さんに弾いてもらったらね、ああぁ、やっぱりね・・いかにもN先生に習っていた感じの演奏なの」
と、自分と交流のあるピアノ指導者Tさんは言った。

その生徒さんは、N先生という(少しお偉い?)ピアノの先生に習っていたが、レッスン曜日の関係でどうしてもN先生のところへは通えなくなって、「仕方が無く」ピアノ指導者Tさんのところへ来たらしい。

そして、今までに弾いていた曲をいくつか弾いてもらうと、それが基本的な拍子感は皆無で、伴奏系の音が時々かなり目立っても気にしないような弾き方らしく、Tさんが言うには、
「ようするにね、N先生の演奏と似ているのよ」
ということだ。

改善はレッスンをしながらしていくのだろうが、Tさんが困っているのは、生徒さんのお母さんの勘違いのような意識らしく、
「うちの子は今までN先生に習っていたのですからね、音楽の感性も良いって言われていてねぇ」
という、よくわからないようなプライドがあるお母さんらしい。

その話を聞いて、自分は思わず笑ってしまったが、
Tさんは、
「笑い事じゃないのよ。N先生が良いというわけでも何でもないのは、モリスさんはお分かりでしょうけれど、一般的には『偉いピアノの大先生』だと思っている人もいまだに多いでしょう?
でも、あそこから来た生徒さんはこんな弾き方だし、あのお母さんの意識もそれはもう・・」
と言っていて、本当に笑い事ではない様子だった。
コメント
この記事へのコメント
結局、親の責任っていか、親の度量っていうか、今風に言うなら「親力」ですか?(笑)…それって本当に重要だなぁ~って思いますね。もちろん反面教師で子供が立派に育つケースもありますが、それは本当に稀で、そうした稀なケースでもやはり子供が何らかのコンプレックスを持って育つケースが多いですよね。
なんか、T先生に心から同情するなぁ(微笑) まぁ~でも、特に音楽の場合は、親自身が耳をよくする勉強が本当に大切なんでしょうね。
2007/09/10(Mon) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
こんばんは!

一般的に偉い大先生=やっぱり偉い大先生と、無条件で思ってしまいます。
でも、それだけにこだわってしまうと、とても危険ですね☆

自分の耳でよく聴いて、自分で考えることがいかに大事なのか、考えさせられる例ですね。。
2007/09/10(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

「親力」ですか、そんな感じかもしれませんね。
でも本当に「親の耳」というのは、大事だと思いますよ。子供がどんな演奏をしているのか、しっかり聴いて把握できている親は、残念ながら極めて少数なのが現実だと思います。
Tさんのため息は、当分続きそうな感じです。



まりはんさん、こんばんは。

そうですね、偉い先生という意識が誰かにあると、周りの意識もそうなりますから、ある意味怖いですね。
でも、おっしゃるとおりで、自身の耳でよく聴き考えて判断することが重要ですし、親にも耳が必要なのかもしれませんね。
2007/09/10(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。