• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周りには自分よりも遥かに音楽に詳しい知人もいて、いろんな意味で面白い。
その知人のひとりRさんは、昔からたくさん演奏会へ足を運んでいて、CDなども数百枚を専用の棚に並べているが、それでも並べきれないものは箱に入れて保管してあるほどの音楽好き。

楽器演奏などは全くしないし、歌も歌わない。
「聴く」に徹しているような人ということだろう。
だが、古楽器などにも詳しいし、当然演奏家のことも結構知っていて、話はいつも興味深い。

聴き方も、それほど辛口ということもないが、演奏を全くしない人の「厳しさ」のような批評はあるだろうか。例えば、ピアノを少しでも弾けると、
「ああ、この曲のこの箇所は難しいから、これくらい弾ければだいたいいいよね」
という概念がが全く無いから、演奏そのものの判断に明快さがあるのかもしれない。

さて、そのRさんに、
「最近はネット上で演奏を披露している方もたくさんいるので、いくつか聴いてみますか?」と、いくつかのサイトやブログなどを巡回。
Rさんの全体的な感想を少し書くと、
「こういうのも結構面白いね、アマチュアでもいい演奏する大人や、がんばっている子供もたくさんいるね」
とのことだったが、もう一つ興味深いことを言っていた。

「演奏を公開している人は、だいたい自己評価のような『ここをもう少しこうしたかった』なんて感想を書いているけど、この自己評価のような感想を読むと面白いね。
演奏がいい人は、この自己評価が当たっているね。どこが良くないのかがわかっている。
演奏が良くない人は、自己評価も当たっていない。一番大事な改善点を書いていないことが多いよ」
というRさんの感想だった。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

演奏を全くしなくても本当に音楽好きな方もいらっしゃるんですね!
全く弾かない人は、時々かなり高レベルなことをさらっと求められたりしますが、専門家ではないからこそ言ってもらえることなのかもしれませんね。

自己評価に対するコメントも確かにそうですよね。
いい演奏にしようと思っていたら、自分で自分の改善点をきちんとわかっていないと、演奏の改善のしようがない。
結果、良くない演奏でも改善できないまま自己満足で終わってしまう・・ということになってしまいますよね☆

あ・・そういえば、最近全然録音の公開をしてませんでした☆



2007/09/11(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

おっしゃるように、全く演奏しない音楽愛聴家の方は、厳しい耳をお持ちかもしれませんね。

他人の演奏を評価するのも難しいですが、自己評価はもっと難しいものです。
これができていると、上達にはとても近道ですね。

まりはんさんの録音楽しみにしていますよ。
2007/09/12(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
この記事、すごくコメントをしづらいんですけど(大笑) まぁ~でも、ほんと、自己評価って本当に大切ですよね。正しい問題意識の下で改善に取り組んでいかないと、むしろ悪循環に陥ってしまいますよね。そういう意味では、ネットなどで不特定の人に音源を聴いてもらって、自己満足にならないように客観的なコメントを貰えるのは、本当にありがたい事だと思っています。
モリスさんのコメント、いつも感謝しています♪
2007/09/13(Thu) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

自己評価というのは、難しいものですよね。
自身の演奏を録音で聴いて、客観的に聴いているつもりでも、意外にそうでもなかったりすることもありますから、改善点を見つけるのも簡単でもありません。

自分は、ブログなどで公開されている演奏を聴くのは結構好きなので、SONBUNさんのところも含めて、いろんな方の演奏で楽しませていただいています。
批評的なことよりも、好きで聴いている感じですね。

ただ、このRさんのように、「聴く専門」な感じだと、また聴き方も微妙に違うものかもしれませんね。
2007/09/13(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。