• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノを弾いている人は、もしかしたら多くの人がそうかもしれないが、演奏会はピアノ以外の楽器の方が、聴いていて素直に楽しめる場合も多い。

先日はバイオリンの演奏会へ。
ツィゴイネルワイゼンなどの有名曲のほか、ベートーベンのロマンス、ブラームスのソナタなどのプログラム。
演奏は、某有名交響楽団の第1バイオリン奏者。

さて、その演奏はというと・・・
堅実な演奏ではあるものの、バイオリンの弦の響きという最も肝心な要素が薄い印象。
ツィゴイネルワイゼンなどでは会場は大きな拍手ではあったが、それは演奏の素晴らしさに対する拍手というよりも、速いテンポの中で技術的に「よくがんばったよ!」というような拍手だったように思う。

この演奏会には、先日触れたRさんとも一緒だったのだが、そのRさんの感想は
「まあ、なかなか良かったよ。ピチカートが惜しかったけれどね」
という、意外にも(?)甘口なものだった。

だが、Rさんが言うように、これで結構良い演奏だったのかもしれない。
バイオリンというのは、超一流ではない限り、ソロでの高レヴェルの演奏を聴くことはできないものでもありそうだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。