• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習曲などの進行ペースが遅い生徒さんはいつでもいるものだが、自分はそれは気にならない方だろうか。
あまりにだらだらとして進まないと、
「来週はここくらいまで弾いてきてね」
と書き入れたり、
「この曲はもう次回で終わりにしようか。だからしっかりね」
などと言うこともあるが、
普段はそれもあまり言わなくても、ペースが極端に遅い生徒さんはいないと思う。

逆に気になるのは自分が想定しているペースよりも早い生徒さん。
どんどん弾いてきて、どの曲もそれなりに完成度が高いと、レッスンをしていて自分もうれしいのだが、心の中では
(少しペースが高速だから、落ち着かせたほうがいいのだろうか?)
と考えてしまうことも。

そう思って、今月からその小学生の生徒さんには、少し難易度が高い曲を課題にしてみたが、それでもペースは変わらずに熱心に弾いてくる様子。
がんばっているというよりも、ピアノが楽しいようなので(母親の話によると)それはそれで良いのだが・・・

そこで、やはり曲の難易度や数で調節するのではなく、レッスン時のこちらからの要求度の高さで上げてみることにした。
小学生だと、あまり難しい説明になってもいけないが、少しずつ技術的要求と音に対する質の要求も高いレッスンにしていっても、おそらく大丈夫だろう。
もちろん、経過がわかるのはもう少し先のことになりそう。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

熱心な生徒さんですね!
小学生くらいの生徒さんが、ピアノを楽しいと感じ、練習もめんどくさがらずされている・・すばらしいな、と思いました!!
私の周りには、「ピアノは好きだけど、練習はいまいち・・」という子が多いので。。☆

きっと、要求が高くなった方が、奥深さがわかって、生徒さんももっと面白いと感じられるんじゃないでしょうか・・??
楽しみです! 


2007/09/20(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

熱心な生徒さんは、指導側もうれしいものですよね。
この小学生の生徒さんは、がんばって練習してくるというよりも、弾けて楽しいという感じなので、それを大切にしながら少しずつ要求度を高くしていければと考えています。

自分のところにも、「好きだけど譜読みは面倒だし、練習もあまり」という生徒さんもいますよ。
でも、弾けるとやはり楽しいようなので、できるだけ続けて欲しいと思っています。
2007/09/21(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
うーん、すごい生徒さんですね。
モリスさんの求めるある程度の完成度も合わせて
どんどん弾いて来ちゃうんですからね。

私の先生は「あなたはすぐに弾けちゃうから~」
とおっしゃいますが・・・
私の場合、「盛り上げ」のような気がします(笑)
想定しているより早いペース・・・なんとなく心配?になるのは少し解るような気がします。
2007/09/22(Sat) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

どんどん弾いてくる生徒さんというのは、指導側にするとうれしいものですが、ペースが早いと家での練習時間は長いのだろうかとか、負担になっていないのか、少し心配にはなります。
でも、小学生だと楽しく時間を忘れて弾いている生徒さんもいるみたいなので、うれしいことです。

とらいあんぐるさんの先生は、「盛り上げ」ですか・・・でも、褒められているのですから、きっといいことだと思いますよ。
2007/09/22(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。