• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習会などで時々会うピアノ指導者さんが、先日生徒に質問されたことは、
「ショパンの『軍隊ポロネーズ』は私には弾けるくらいの曲ですか?」
ということだったらしい。
この指導者さんは、軍隊ポロネーズをしっかり弾いたことが無かったので、だいだいの判断で「あなたには何とか弾けそうよ」と答えたそうだ。

そして、
「ピアノの指導者というと、生徒側のイメージとしては、有名曲はだいたい弾いたことがあると思っているみたい。
でも、指導者なんて言っても、ほとんどの人は弾いてきた曲は結構限定的で狭い範囲でしょう?
私なんて、つい最近までショパンのノクターンなんて1曲しか弾いたことがなかったし、幻想即興曲も弾いたことないし、ドビュッシーも2曲しか弾いていないし、ベートーベンはレッスンではやるけど今では弾かないし、ブラームスも弾かないし・・・そんな感じかな」
とのこと。

確かにこの指導者さんの言うように、一通りのバロック、古典、ロマン、近現代の作曲家の作品を勉強した人は多いだろうが、それでも数も種類も限られているものだろう。
おそらく、バッハとベートーベン、そしてツェルニーなどの練習曲はかなりの数を弾いた指導者が大半だろうが、ロマン派以降になるとかなり分かれそう。

例えばショパンは皆弾くだろうが、ワルツを少し弾いたらエチュードを重点的に、そしてソナタやバラードという感じでやっていくと、通常は他の作曲家も同時にたくさん弾くので、どうしてもノクターンやマズルカ、ポロネーズにまで手がつけられない人も多くなりそうだ。

また、リストやシューマンも曲数がかなり多いが、専門としない限り数曲弾く程度になってしまう場合もあり、ブラームスやチャイコフスキーになると全く弾いていないという指導者もでてきそうだ。シューベルトも即興曲以外は弾いたことがない人は多いかもしれない。

近現代では、ラフマニノフは結構弾く人が多いが、ドビュッシーは意外に皆が弾くわけでもなく、プロコフィエフやラヴェルとなると全く弾かない人も多い。

しかも、有名曲を
「いつか弾こう」とか「いつでも弾ける」と思っていると、後回しになるというのは、わかるような気がする。
自分も、チャイコフスキーやシューベルトなどをたくさん弾く時期というのは、なんとなく逃してしまったような気もするが、いつか集中的に弾く時期はくるだろうか。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんにちは!
なんか意外でした~i-229

先生はどの曲も一通りこなされているものだと・・・
でも、世の中に有名ピアノ曲はかなりの数あふれているし、当然といえば当然かもしれませんねe-330

意外といえば、こないだ先生とピアニストの話をしていて、シフラを知らないのが少し驚きでした~!
2007/09/23(Sun) URL  | プー #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

そうなのですよ、有名曲を意外に弾いていない指導者はきっと多いと思いますよ。
広く勉強したきたつもりでも、だいたい専門分野がある場合も多くて、そこに偏っている人も多いですからね。

プーさんの先生は、リスト弾きのシフラをご存じなかったのですね・・・それは結構意外です。
でも、シフラは伝説的なリスト弾き(ショパンなども結構いいですよ)ですが、日本では実はあまり人気がなかったそうですね。
2007/09/23(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
こんばんは!!

そうなんですね~。私も意外でした☆
特に音大出た先生方は、有名曲&定番の曲(ちょっと定義があいまいですが・・全音ピースになってるような曲・・のようなイメージです)はほとんど弾かれているものだと思っていました。

でも、実際教えてみるとそうなのかもしれませんね。
一度に弾ける量にも限界があるし、好みもどうしてもあると思うので、弾いていない有名曲というのがあって当然なのかもしれませんね。
2007/09/24(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

ピアノを習う側である生徒の時に、有名曲を弾くタイミングで弾いておくと後から役立ちそうですけどね。

例えば、ベートーベンのソナタ「悲愴」や「月光」、ショパンのノクターン9-2や幻想即興曲、ドビュッシー「2つのアラベスク」や「月の光」などは、時期をなんとなく逃してしっかりと弾いていない指導者さんも、結構多いかもしれませんね。

もちろん、常に勉強ですから指導者になってから有名曲を制覇していくのも楽しいものです。
2007/09/24(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。