• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「楽譜を見たときには、『ああ、簡単そうだからいけそう』だと思ったのですが、そうはうまくいかないものですね」
と言ったのは、ピアノを習い始めてからまだ1年くらいで、コツコツとがんばっている大人の生徒さん。いつも仕事が休日のお昼にレッスンにやってくる。
初級の教則本は1冊を終えて、いろいろな曲とブルクミュラー25なども弾きながら、ゆっくりではあるが確実にレヴェルアップしているのは素晴らしいが、
「うまくいかない」
と言ったのは、湯山昭の「こどもの国」の「ワルツ」ことだ。

「こどもの国」と題された曲集だが、雰囲気の良い曲がたくさん入っていて、大人でも十分に楽しめる。
特にこの「ワルツ」は、初級くらいのレパートリーを集めた他の曲集にも入っている有名曲だろうか。

技術的には特に困難だということもないが、「うまくいかない」というのは、やはり3拍子を徹底するのが課題。
もう一つは、左右の手でスタッカートとスラーの違いを明確に弾くこと。
これらを気にしないで、ただ漠然と弾くなら誰にでもできそうだが、この生徒さんは、
「ピアノって、結構頭つかいますね。しっかり弾こうと思ったら難しいですが、楽しいです」
と言ってくれるのはうれしい。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは~
あ~、あるある!と思いました(笑)
まさに今やってるバッハがそうです・・・。

譜読みは簡単でも、アーティキュレーション(でいいのでしょうか?e-330
でうまくいかず、なかなかOK出ません!

苦戦中です~i-229
2007/10/17(Wed) URL  | プー #-[ 編集]
こんばんは!

楽譜は簡単そうに見えて譜読みはすぐできても、それを表現するにはもう少し手間が要るなあと私も思いました。

「ワルツ」楽しい曲ですよね!
まさしくスラーとスタッカートの対比が美しく出るのがこの曲の良さかなーなんて思います。
その生徒さんもそれを感じておられるのですね!

ところで、この方のお話とは関係ないのですが・・。
「こどもの国」の曲集は、ブルグミュラー25前半あたりの人にとっては難しいですか?
見たところ、ブルグミュラー後半以降のような感じがして、使いどころがまだよくわかってなくて、レッスンには取り入れてないのです。


2007/10/17(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

そうですね、おっしゃるように、アーティキュレーションをしっかり弾きわけることが大切ですが、これは結構練習が必要ですよね。
プーさんは、バイエル、バッハ、ギロックと多彩ですから、練習を積み重ねればきっとうまくいくと思いますよ。



まりはんさん、こんばんは。

「ワルツ」いいですよね。おっしゃるように左右の対比がポイントになる曲だと思います。

>「こどもの国」の曲集は、ブルグミュラー25前半あたりの人にとっては難しいですか?

ブルクミュラー25に入っている方なら、大丈夫だと思いますよ。
ただ、ブルクミュラーは、ピアノを弾く技術と基本的な和声感覚の習得など、
湯山昭の曲では、リズムや和声の多彩さと、かなり質が異なりますよね。
譜読みは全体的にブルクミュラーのほうが楽ですが、総合的な難易度として同程度だと思うので、「こどもの国」の中から、生徒さんの好みや譜読みや技術のレヴェルに選曲して使ってみてはいかがでしょうか。
2007/10/18(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。