• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全くのピアノ初心者さんを、どのようにレッスンしていくのかは、年齢などによって異なるだろうが、小学1年生くらいの場合、自分のレッスンでは最初から楽譜も使って説明をして、楽譜と鍵盤の一致、そして弾く動作も同時に進めていく。

夏からピアノをはじめた小学1年生のYさんは、楽譜の理解がスムーズなのでレッスンはやりやすい。
3ヶ月くらいだから指の動きなどはまだまだ全然なのだが、それでも課題にした曲はレッスンで1度一緒に譜読みをしておくと、次にはしっかり弾いてくる(とても簡単な初心者レヴェルの曲だが)。

そこで、先週は初めてただ課題曲を指定するのみにしてみた。Yさんは全く知らないメロディーの2ページの曲(某曲集のオリジナル)で、お手本演奏も無しで、事前の説明もしない。
これでどのくらいやってくるだろうか・・・。

そして今日弾いてもらったが、まずまずといったところだった。
指使いがあやしいところは説明して訂正しその場ですぐに練習してもらったが、音の高さはト音もヘ音も読めているし、音の長さをきちんと数えて弾けている。
ここまでくると、譜読みを自らの力だけでやってレッスンを進めることができるスタートラインにたったと言える。

この基本的な譜読みのスタートラインは、非常に重要なことで、あとは音符の種類やリズムのパターンが増えても、説明を適度に加えるだけで大丈夫。
ちなみに、自分の妹は小学生の4年間習ったピアノで、バイエルは修了できずに、しかも先生のお手本演奏がないと全く弾けない状態だったようだ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

小学生の生徒さん、一人で譜読みもできたのですね!
一つの大きなステップですよね~。。
やっぱりモリスさんの教え方がいいんだろうなあ・・と思いました。

いつも先生のお手本演奏付きでいると、気が付けば、ある程度のレベルになっているにもかかわらず、お手本を聴きたがる(というか、聴かないとなかなか曲の感じをつかめない)状態になってしまっている子がいるので。。
様子を見て、簡単目な曲で、自力でやらせてみようと思います。
2007/10/30(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

ピアノをはじめて一人で譜読みがだいたいできるようになると、生徒さん本人もうれしいようです。

>やっぱりモリスさんの教え方がいいんだろうなあ・・と思いました。
いえいえ。今回は小学1年生にしては結構理解が早い感じの生徒さんだったので、レッスンはやりやすいですね。

まりはんさんも、生徒さんに自力の譜読みを簡素な曲で挑戦してもらうといいかもしれませんね。
2007/10/30(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。