• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人の生徒さんで弾く曲を事前に少しでも知っていると、譜読みの段階で違う音で弾いてくることは少ないが、思い込みのようなリズム違いや、拍子感のないような演奏というのはあるように思う。

しかし、いつもだいたい確実な譜読みをしてくる大人の生徒さんがいるので、先日のレッスンの時、その大人の生徒さんに、新しい曲はどのように譜読みをしているのか聞いてみた。

すると、
「ブルクミュラー25くらいですから、最初から両手で弾ければいいのですが、それは難しいので、片手の譜読みをします。
でも、片手だと拍を感じない演奏になってしまちがちで、リズムも曖昧になることがあるので、左手で弾くときは右手パートは声で歌います。同じく、右手を弾く時は左手パートを歌いながら弾きます。
それがほぼ出来てから、両手で弾く感じですが・・・効率は良くないのですが、このやり方はいいでしょうか?」
とのことだった。

生徒さんご本人は、少々効率が悪い譜読みだと思っているらしいが、レッスンの時にその譜読みを実際にやってもらった様子だと、片手を声で歌いながらピアノを弾くこの方法はなかなかよさそうだ。
初級者は小節線を越えるタイなどがあると、リズム感が曖昧になりがちだが、声を出しているので拍を数えるのも確実性があるようだ。

もちろん、曲の難易度がこの先上がってくると、声の歌とは質の異なるピアノという楽器独特の曲もたくさんあるが、音楽の基本的な拍子感やリズム、音程、そして歌ということを意識しながらの譜読みをこの初級段階でしっかり身につける練習は、きっと効果があると思う。
コメント
この記事へのコメント
モリスさんこんばんは!
良い譜読み方法ですよね!
私も、音感を育てるためにも歌いながら譜読みを・・・といつも思って最初口ずさむんですが
いつの間にか声を出す余裕もなくなり(笑)
片手で弾いてもう片方のあいている手で、膝の上で拍をとりながらという方法になってしまっていますe-330

だからリズム間違い等が多いのかな~とe-236
2007/11/18(Sun) URL  | プー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/18(Sun)  |  #[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

片手を歌で。。いい方法ですね!!
手は片手でも、脳は両手のパートを使ってることになりますものね!

知っている曲は、耳にどう聞こえていたかを頼りにしてしまうので、どうしてもいい加減なリズムになってしまったりしますよね☆
子供たちも、よく知っているジブリなどのものをやらせると、そういう間違いがあります☆
2007/11/18(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

歌いながら弾くのは難しいものですが、ミスのない譜読みのためにも仕上げていくためにも、効果はありそうですよ。
リズムは思い込みで間違うこともあるので、楽譜をしっかりと読むことが大切ですよね。



まりはんさん、こんばんは。

片手を歌で弾く練習法は良いみたいです。
リズムも音もしっかり確認できますし、メロディーの歌うことも身につきます。

おっしゃるように、子供も知っている曲だと、思い込みのリズムの譜読み違いありますから、曲が難しくない頃からしっかりやってもらうのがよさそうです。
2007/11/18(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。