• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3歳や4歳のレッスンというと、「歌を歌ったり手をたたいたりするのがほとんどでピアノは弾かない」と思っている方も多いようだ。

確かに、リズム感や音感を養うための歌なども大切であるし、まずは音楽に楽しく親しむということが大事だが、3歳や4歳でもピアノの鍵盤を弾くことは充分にできる。
それに、保育園や幼稚園では歌などはかなりやっている場合が多いので、そうした歌やリズムレッスンよりも、ピアノを弾くレッスンの方が、3歳や4歳の生徒さんも喜んでいるように感じている。

当然、最初から曲をどんどん弾けるわけではないが、鍵盤に触れるとピアノから音が出てくるということや、「チューリップ」や「ちょうちょう」などの始めの部分を指の動かし方を真似しながら弾くことが、毎週楽しくて貴重な体験のようだ。
そして、これくらいの年齢でも、指の動きが無意識のうちに整ってくるのが面白い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。